トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

辞書の使い方のコツ

 専攻の学科で外国語を学ぶ時に、辞書は不可欠です。たくさんの辞書がある中で、一冊の辞書をとことん使いこなせるようになるべきだという考え方もありますし、複数の辞書を参照しなければ危険だという考え方もあります。

 

 しかし、いずれにせよ「最初の一冊」を手に入れなくてはなりません。幸か不幸か、現在、日本でのスペイン語辞書の出版点数は英語などの辞書に比べて遥かに少ないので、たやすく比較検討することができます。

続きを読む "辞書の使い方のコツ"

|

ちょっと一休み

2月は入試関連の仕事で忙しい毎日なのですが、たまたまこの一週間ぐらいは空白の時期になります。その期間を利用して、管理人(瓜谷)はオーストラリアに行ってきます。更新再開予定は帰国後ということになります。

¡Hasta pronto!

|

2007年2月26日 (月)

Enrique y Noriko

Enrique_y_norikoエンリケさんと法子さんご夫妻をご存知ですか。

エンリケさんは、サラマンカ大学へ留学するスペイン語学科生の頼もしいアドバイザーです。奥様の法子さんは、サラマンカ大学の先生で、スペイン人学生に日本語を教えています。

スペイン語学科生が安心して留学生活を送れているのも、お二人のきめ細かなサポートがあるからで、体験者ならみんな知っています。実際、お二人の素晴らしい人柄に触れると、学生達はみんなファンになってしまいます。

さて、今回は、法子さんの博士号取得のニュースが飛びこんできました。詳しくはこちらをごらんください。ちなみにリンク先の写真の人物がみなほんの少し若く見えますが、いつ頃の写真でしょうか。(笑)

[瓜谷]




|

2007年2月25日 (日)

スペイン語を効果的に習得する方法

 ここでは、日本語を母語とする者がスペイン語を学ぶ場合について話を進めましょう。学習者の母語と目標言語の関係が、学習方法に大きく影響を及ぼすからです。

  ある言語を読み・聴き・書き・話す能力は、それぞれ独立して養われるわけではありません。正確にスペイン語を読めなければ,たとえスペイン語を音として聞 きとることができても理解することはできません。また正確にスペイン語を書くことができなければ,当然スペイン語を正確に話すことなどできません。外国語 の学習ではまず情報をインプットすること,つまり読んで,聴くことから始めなければなりません.スペイン語を聴きそして読んで自分のものにする過程で,情 報をアウトプットする能力(書く・話す能力)が養われるわけです。前置きはこれくらいにして、スペイン語の上達方法を考えてみましょう。

続きを読む "スペイン語を効果的に習得する方法"

|

2007年2月24日 (土)

新着映画紹介「アポカリプト」

Apoc_os1

今度は、卒業生の山田智子さんからのホットな新作映画情報です。彼女は先週メキシコ、アルゼンチンの旅から帰ってきたばかりで、今メキシコで話題になっている映画を紹介してくれました。

メキシコで現在話題になっているのが「アポカリプト」というメル・ギブソンが監督をしている映画です。なぜ話題なのかというと、マヤ文明の衰退がテーマだからです。しかもすべてマヤ語で、字幕がスペイン語という映画でした。(日本公開はあるのか謎ですが・・・)生贄シーンや心臓を取り出すシーンもあって、ちょっと大スクリーンで見るにはきついこともありますが、なかなか面白いと思いますよ。日本で公開されればいいですね。URLも貼り付けておきます。 http://apocalypto.movies.go.com/

なかなか面白そうな映画ですね。ちなみに山田さんは、スペイン語学科を卒業後、拓殖大学大学院言語教育研究科へ進学し、スペイン語母語話者の子供への日本語教育支援の方法を研究してきました。今年3月、立派な修論を完成し、無事卒業予定です。今回の旅行は、旅行は自分へのご褒美だったのですね。(山田さん、enhorabuena)

ちなみに山田さんの体験談はこちらです。

[瓜谷]

|

2007年2月22日 (木)

スペイン語サロンって何やってるの?

Salonスペイン語学科の皆さんはスペイン語サロンのことはもうご存知ですよね。

ヘオルヒナ先生の研究室で、毎週水曜日の昼休みと3限に開かれています。

いったい 何をしているのか気になっていませんでしたか。

スペイン語学科生の伊本 慧さんが臨場感溢れる体験報告を書いてくれたので、みなさんにご紹介します。(伊本さん、muchas gracias)

[瓜谷]

|

2007年2月21日 (水)

スペイン語圏の音楽はお好きですか

このブログを読んだスペイン語学科卒業生の高橋裕香子さんが、batangaという音楽サイトの情報を提供してくれました。

以下に引用させいただきます。(高橋さん、muchas gracias)

だれでも簡単に24h、音楽が聴けます! 
私はtop hitなんかを聞いて、自分だけが留学当時の2002年に流行った曲でとまってしまわないようにしています・・・・。
top hitを聞けば、それこそ2000年くらいに流行った曲から、最新の曲まで聴けますのでおすすめですよ!!

スペイン語学科生諸君、そして卒業生諸君、なにか面白い情報があったら教えてくださいね。

[瓜谷]

|

スペインで働きたいですか

メキシコと違い、スペインで日本人を募集している日系企業はあまりありません。

そんな状況ではありますが、スペインでの求人情報を紹介しているサイトSpain-yaを見つけました。毎月更新しているそうです。関心のあるかたはチェックしてみてください。

[瓜谷]

|

2007年2月18日 (日)

スペイン映画DVDでリスニングのお勉強(理論編)

聞く力が伸びないと悩んでいませんか。あなたが中級以上のレベルでしたら、最強の秘密兵器をご紹介しましょう。

それは、スペイン語字幕付きのDVDです。日本語字幕ではありません。スペイン語字幕が大切なのです。つまり、スペイン語音声を聞きながらスペイン語字幕が読めることがポイントです。

それではスペイン語字幕付きのDVDの使い方を説明しましょう。映画が始まってセリフの字幕が出た瞬間に、ポーズ機能で静止画にします。セリフを声に出して読みましょう。つぎにポーズを解除して、実際の音声を確認します。これを映画の最後まで繰り返すだけです。なんだ、そんな方法かと思いましたか。ところがどっこい、大変効果があるのです。

メリットはつぎの4つです。

続きを読む "スペイン映画DVDでリスニングのお勉強(理論編)"

|

スペイン映画紹介 Volver

Photo_5 「スペイン映画DVDでリスニングのお勉強(作品編)」シリーズの第一弾です。
スペイン語字幕付きのスペイン映画DVDの中からお薦めの作品を選んで時々紹介していきます。

第一回目に紹介する作品はスペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督最新作のVolverです。

日本では公開前ですが、スペインではすでにDVDが発売されています。
主演のペネロペ・クルスはこの作品でアカデミー賞の主演女優賞にノミネートされました。敬愛するアルモドバル監督のもとでとても魅力的な演技です。
代表作『オール・アバウト・マイ・マザー』でもそうですが、アルモドバル監督の映画で女性達はなぜ、あんなにも生き生きとしているのでしょうか。

『VOLVER(ヴォルべール)』(原題)がカンヌで記者会見を実施!)

[瓜谷]

|

2007年2月17日 (土)

スペインの新聞を読むなら

スペイン留学を考えているなら、ネットでスペインの新聞を読む習慣をつけましょう。

El Mundo なんておすすめです。忙しいあなたは、ヘッドラインだけでも毎日目を通しておきましょう。

背景知識不足を補うとっておきの方法があります。

スペインニュース・コムがお届する毎日のトップニュース」です。スペインのニュースの要約が日本語で読める貴重な情報源です。

[瓜谷 ]

|

2007年2月16日 (金)

日本の記事をスペイン語で読みませんか

スペイン語の新聞を読む習慣をつけると、読解力が飛躍的に向上します。

しかし、背景知識がないスペイン語圏の新聞を読むのはたいへんですね。

そこで、おすすめなのがオンライン版のInternational Pressです。

この新聞は日本に住んでいるスペイン語圏の人たちが対象なので、日本に関する記事がたくさんあるからです。すでに知っている身近な出来事なら、ずっとわかりやすいですよ。

ちなみにこの新聞社では、スペイン語学科の卒業生が働いています。

[瓜谷 ]

|

最新のスペイン語辞書「プエルタ」

Photo_3 『プエルタ新スペイン語辞典』研究社(2006) 

これは、研究社『新スペイン語辞典』 (1992)の改訂版で、大幅に手が加えらています。

日常的に使われているス ペイン語を生きた資料から数多く収集しており、ラテンアメリカのスペイン語への配慮も行き届いています。

写真や挿し絵も多く、初心者には特にお薦めの辞書のひとつです。

[瓜谷 ]

|

2007年2月15日 (木)

サッカーでスペイン語をマスター

語学をマスターするための近道は自分の興味を活かすことです。

サッカー好きは、スペイン語で本場の試合結果の記事を読みましょう。そのためにはサッカー用語のスペイン語を覚えるのが早道。

そこで役に立つのがスペイン サッカーの情報サイト「 ふっぼる・えすぱにょーる」が公開しているサッカー用語の辞書です。

[瓜谷 ]

|

2007年2月14日 (水)

風の影

Photo_4 世界中で大ヒットしたスペインの現代小説「風の影」の日本語版です。バルセロナが舞台のミステリー。文庫なので、手軽に持ち運べるところもいいですね。

内容は「BOOK」データベースによると

945年のバルセロナ。霧深い夏の朝、ダニエル少年は父親に連れて行かれた「忘れられた本の墓場」で出遭った『風の影』に深く感動する。謎の作家フリア ン・カラックスの隠された過去の探求は、内戦に傷ついた都市の記憶を甦らせるとともに、愛と憎悪に満ちた物語の中で少年の精神を成長させる…。17言語、 37カ国で翻訳出版され、世界中の読者から熱い支持を得ている本格的歴史、恋愛、冒険ミステリー。

ちなみにAmazon の評価でも好評です。

ところで原作はインタースペインでも入手可能です

スペイン語の読解力をつけるには多読が不可欠です。
読解力にまだ自信がない人は、段落毎に、「日本語版>原書」と繰り返す方法がおすすめです。

[瓜谷 ]

|

トップページ | 2007年3月 »