« 映画DVD紹介:Las cartas de Alou | トップページ | 新作映画DVD紹介:La vida secreta de las palabras(あなたになら言える秘密のこと) »

2007年3月25日 (日)

新作図書紹介:「聖骸布血盟 」

Seigaifu1  
 スペインのベストラー小説 LA HERMANDAD DE LA SABANA SANTAの日本語翻訳版が出版されました。

 ところで、この小説のタイトルの「聖骸布(LA SABANA SANTA)」とはなんだか知っていますか。イエス・キリストが十字架にかかって死んだ後、その遺体を包んだとされる布のことです。トリノの大聖堂に保管されているため、「トリノの聖骸布」(Shroud of Turin)とも呼ばれています。この布の真偽に関する論争は未だに続いています

 この聖骸布を巡る冒険小説が、「聖骸布血盟 」です。出版元のランダムハウス講談社の解説を紹介します。


トリノ大聖堂への襲撃を繰り返す”舌のない男”たちの秘密集団。
キリストの埋葬布をめぐる、
血塗られた二千年の陰謀が明らかに。
キリストの聖骸布が保管される、トリノ大聖堂で火災が発生。焼跡から発見されたのは、「舌のない男」の焼死体だった。その2年前、同じ聖堂で逮捕された窃盗犯にも、やはり舌がなく、指紋もすべて焼かれていた。美術品特捜部部長マルコは、二つの事件の関連を疑い、捜査に乗りだす。だがこれは、やがて世界を震撼させる恐ろしい陰謀劇の序章にすぎなかった……。聖骸布をめぐる謎と歴史のうねりが織りなす、歴史ミステリ巨篇。

スペインで27刷り、50万部突破の大ベストセラー。現在、17カ国語に翻訳されている。

 ダ・ヴィンチ・コードのような歴史の謎解きに関心のある人にお勧めです。

 [瓜谷]

|

« 映画DVD紹介:Las cartas de Alou | トップページ | 新作映画DVD紹介:La vida secreta de las palabras(あなたになら言える秘密のこと) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事