« スペインで働きたいですか(2) | トップページ | 新作映画紹介:サン・ジャックへの道 »

2007年3月19日 (月)

こんなリスニング教材はいかがですか。

 スペイン語圏の人々のするジェスチャー「スペイン語ジェスチャー小辞典」(白水社)という辞書をご存知ですか。これは、スペイン語圏の人々が日常よく使っている基本的な身ぶり130項目あまりについて詳しく解説したもので、各動作にイラストもついています。

 なんとこの辞書のインターネット版DICCIONARIO DE GESTOS ESPAÑOLESが無料で公開されています。こちらはイラストの代わりに各動作のビデオ映像までついています。身ぶりが実際に使われている生き生きとした対話場面が映像と音声で再現されているので、よりわかりやすくなっています。

 このネット版の辞書を、リスニングの教材として使ってみませんかというのが今回の提案です。使い方を説明しましょう。辞書の最初の項目がacercarseとなっているので、試しにこの項目から始めてみましょう。

 

http://gamp.c.u-tokyo.ac.jp/~ueda/gestos/gestos.htm#[[Acercarse]]

Acercarse

>>***[VIDEO]
María. José: Ven, ven, que te vas a enterar.

 

 [VIDEO]の部分をクリックすると映像と音声が再現されます。この場合、あらかじめセリフを読まないで、音声だけに集中してください。短いセリフですがナチュラルスピードなので、結構苦労するのではないでしょうか。

 この教材がリスニング教材としてもすばらしい理由は

 1)とても自然なナチュラルスピード(日本人にはとても速くて難しい)

 2)短い場面を切り取ってあるので、何度でもそこだけ繰り返して聞ける。

 3)映像付きで、ジェスチャーまで知ることができる。

 ぜひ試してみてください。とてもいい耳の訓練になりますよ。

 [瓜谷]

|

« スペインで働きたいですか(2) | トップページ | 新作映画紹介:サン・ジャックへの道 »

「聞く力」を伸ばす」カテゴリの記事