« スペイン語学科HP更新情報:留学体験談 | トップページ | メキシコ情報:死者の日・フォトレポート »

2007年5月23日 (水)

スペイン語の疑問:男性名詞は女性を含むって?

 今回も南山大学の高橋覚二先生のサイト「スペイン語の教科書に書いてないこと」からスペイン語の文法に関する、とてもためになる記事をご紹介します。


性名詞は女性を含むとよく言われる。教科書には男性名詞複数形は女性を含むと書いてある。その例として los padres は,ふたつの意味,1) padre + padre の場合と, 2) padre + madre の意味を持つ。学生は「両親」のことをpadres と書かずに,pariente (親戚) とするのは,英語の語形の類推による間違いである。
男性が女性を含むのは複数形に限らない。誕生してくる子供が男か女か分からないが,そんな場合でも単一性名詞 (género epiceno) を使わない限り,男女の区別をしなければならない。そんな場合には以下のように男性名詞を用いて表すことになる。このような現象を文法では男性は女性に対して無標 no marcado であるという。特徴が少ないということである。無標なものは有標なものに取って代わることができるが,逆は真ならずである。
•    Les nace el primer hijo: una niña. 彼らに最初の子供が生まれる。女の子だ。
•    El empleado de esta casa ha de ser puntual. (Antonio Quilis et al., Lengua Española) 我が社の職員は時間厳守しなければならない。
Uno de mis mejores amigos es Carmen. 私の親友のひとりはカルメンだ。(Carmen は女性)

 

http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/%7Ektaka/dicgram/dicgram.htmより引用

 

 

[瓜谷]

|

« スペイン語学科HP更新情報:留学体験談 | トップページ | メキシコ情報:死者の日・フォトレポート »

「総合力を伸ばす」」カテゴリの記事