« スペイン情報:ハポンさん | トップページ | スペイン語の疑問:tos の複数形は toses ? »

2007年6月19日 (火)

図書紹介:情熱とサッカーボールを抱きしめて

513vf75jycl_aa240_  サッカーというと男性のスポーツというイメージですが、女性が活躍しているのを知るのは、気持ちがいいですね。今回ご紹介する本はノンフィクションで、スペイン国内最高の指導者資格を取得、スペインサッカー史上初のナショナルリーグ女性監督を経て、名門クラブの女子チームの監督を務める女性についてです。

レビュアー:    真備桃太 - レビューをすべて見る
佐伯さんのことは新聞の記事で読んだことがあるので知っていたのですが、この本を読んで改めてすごい人だな~と思いました。
とくに日韓ワールドカップの際のエピソードには思わず涙が出ました。

**********
レビュアー: カスタマー
スペイン国内最高の指導者資格「ナショナルライセンス」を取得し、翌年にはナショナルリーグの監督に就任。スペイン史上初の女性監督として大きな注目を集めた佐伯夕利子氏の夢を追い続ける姿を追った感動のノンフィクション。
・・・といえば、簡単そうだが、ここに達するまでの佐伯氏の生い立ちやから実に細かく描かれている。佐伯氏の興味深い経歴もさることながら、著者の「書きたい!」パワーに圧倒され、冒頭から一気に引き込まれていった。

サッカーに関る方だけでなく、他の競技の指導者、教員やインストラクター、トレーナーなど、「人に何かを教える」立場にある方はモチロン、子育て中の親御さんも、佐伯氏の監督としての姿勢から、学び、気づくことが多いだろう。

こんな指導者に巡り合えたら、日本代表のワールドカップ優勝も遠い夢ではない・・・時期的にそんな気にさせられる。今後益々のご活躍に期待したい。

Amazonのレビュー(「情熱とサッカーボールを抱きしめて」)から引用しました。

[瓜谷]

|

« スペイン情報:ハポンさん | トップページ | スペイン語の疑問:tos の複数形は toses ? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事