« 教育ワークショップ「日本におけるメキシコ」のお知らせ | トップページ | 日本製アニメでスペイン語を勉強しよう »

2007年7月27日 (金)

スペイン語教師になって夢を実現

Masuyama01  みなさんはスペイン語学科HPの「卒業後の進路」で増山久美先生が取り上げられているのをご存知でしたか。これを読めば、先生がどのような経緯でスペイン語教師になったかわかりますよ。

受験生のみなさん、はじめまして!そして在校生諸君、いつも笑顔と元気をありがとう!
私は、スペイン語の授業を担当している増山久美です。

 生まれも育ちも東京の下町、葛飾なので、授業では時々下町言葉が飛び出したりしちゃいます。子どもの頃から、走ったり泳いだり、身体を動かすことが大好きなおてんば娘でした。人間をはじめ生き物が好き、美術や漫画も好き、マヤ、アステカ、インカなどの古代文明も好きでした。

      やりたいことが沢山ありすぎて、大学受験の時には、体育大にしようか、美術大にしようか、はたまた上記の遺跡がある地域の言語、スペイン語学科のある大学にしようか、随分迷いました。結局、拓大のスペイン語学科に入学したことが、現在の研究職(文化人類学、ラテンアメリカ地域研究)に就くきっかけとなったことは言うまでもありません。

続きはhttp://www.takushoku-u.ac.jp/dept/frgn_lang/spanish/post_graduation/masuyama.htmlをごらんください。

[瓜谷]

|

« 教育ワークショップ「日本におけるメキシコ」のお知らせ | トップページ | 日本製アニメでスペイン語を勉強しよう »

スペイン語学科情報」カテゴリの記事