« スペイン情報:語学留学の種類 | トップページ | スペイン情報:スペイン史のおさらい? »

2007年8月18日 (土)

TV番組情報:「天国の口、終りの楽園。」

51qad565hhl_aa240_  ガエル・ガルシアの「天国の口、終りの楽園。」<08/20(月) 深01:56 日本テレビ >が放映されます。深夜ですが、字幕版ですので、スペイン語で放送されるのがうれしいですね。

 内容をAmazon.co.jpからご紹介すると

Amazon.co.jp
『天国の口、終りの楽園。』には、英語で「s」のつくたくさんの言葉が当てはまる。sexy(セクシー)、sweet(優しい)、subtle(密やかな)、sad(悲しい)、surprising(びっくりするような)、superb(すばらしい)…セクシー、はすでに挙げただろうか? ソフトコア・ポルノと定義するに十分なほど、たくさん男女のヌードが出てくるが、それは決してこの映画の名を汚すものではなく、この活気にあふれた次世代のロード・ムービーが観る者のリビドーをかき立てることは請け合いである。登場人物の、性の芽生えに対するざっくばらんな扱い方が、この評価の定められていない映画をまさに驚くべきものにしているが、これは決して猥褻(わいせつ)でも未成熟でもない。むしろ、この2人のメキシコ人の少年(ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナ)と28歳のスペイン美人(マリベル・ベルドゥ)による3方向の冒険旅行は、力にあふれ積極的であり、また一方で、3人の関係と性的な冒険は1つや2つ(それとも3つ)の障害なしにはほとんど進展しないのも確かである。アルフォンソ・キュアロン(『大いなる遺産』)によってシリーズとして製作され、爽快で自然なスタイルで撮影されたこのさわやかなコメディドラマは、盗まれた貴重な瞬間を回顧するため博識な語り手を採用し、3つの人生を喜びと友情、そして運命という印象的な1枚のタペストリーへと織り上げてゆく。(Jeff Shannon, Amazon.com)

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
『大いなる遺産』のアルフォンソ・キュアロンが描く青春ロードムービー。幼なじみのフリオとテノッチは退屈な時間を持て余していた。そんな時、美貌の人妻・ルイサと出会い、あるかどうかもわからない幻のビーチ“天国の口”を探す旅に出ることに。

興味のある方は公式ホームページもごらんください。

[瓜谷]

|

« スペイン情報:語学留学の種類 | トップページ | スペイン情報:スペイン史のおさらい? »

映画・テレビ」カテゴリの記事