« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月29日 (土)

TV情報:「メキシコ歴史街道 銀が造った道」

070929 本日の「地球街道(TV東京午後10:30)は先週に引き続きメキシコ特集です。

旅人 城戸真亜子
メキシコシティがかつて湖だった名残が、世界遺産ソチミルコにある水郷。そこにはアステカ文明発展の秘密も隠されていた。 16世紀に銀の発見とともにできたグアナファトはメキシコでも指折りのカラフルシティ、一方、18世紀後半に銀の発見とともにできたレアル・デ・カトルセは今や歴史の中に置き去りにされたような町。
城戸真亜子は、メキシコの風景の中で歴史が作り出した色を呼吸しながら絵を描くという夢を叶える。

http://www.tv-tokyo.co.jp/chikyukaidou/

[瓜谷]

|

2007年9月28日 (金)

TV情報:聖なる黄金都市「パイティティ」

 中南米古代文明ファンの皆さん、 またまた朗報です。ここ最近のインカ・アステカ・マヤ文米ブームでずいぶん多くの番組が作られていますね。本日も、(9/28 夜9時)よりTV東京で「インカ帝国最大の謎ついに発見:聖なる黄金都市「パイティティ」が放映されます。

 13世紀〜16世紀に南米大陸に君臨したインカ帝国は、その黄金に魅せられたスペイン人侵略者に滅ぼされた。果たしてインカ帝国の膨大な黄金はどこからもたらされ、そしてどこに消えたのか?
人類が500年もの間探し続ける謎に満ちた黄金郷〜エルドラド〜を目指し、ネイチャリング番組初挑戦の吉川晃司が、インカ帝国最大の謎に迫る。
クスコやマチュピチュ、ジャングル、日本では全く知られていない山奥の遺跡などへ・・・。過酷な山道を歩き続けた吉川晃司が目にしたものとは!!そして、インカ時代から伝わる伝説の黄金都市「パイティティ」は存在したのか?
貴重映像満載!

この続きはhttp://www.tv-tokyo.co.jp/inca/をご覧ください。

[瓜谷]

|

2007年9月27日 (木)

セルバンテス書店開店

Cervantes  スペイン語の書籍専門店「インタースペイン」をご存知ですか。澁谷にあり、スペイン語学科生もよく利用していた書店です。この度、「セルバンテス書店」という名前で、市ヶ谷のセルバンテス文化センター内にオープンしました。詳しくはインタースペインのブログの次の記事をご覧ください。

http://interspain.cocolog-nifty.com/interspain/2007/09/post_67f1.html

[瓜谷]

|

2007年9月26日 (水)

公開 スペイン語学科HP更新情報:留学体験談

Sasaki03  拓殖大学外国語学部スペイン語学科生は毎年8月から20名(10名スペイン+10名メキシコ)が約8ヶ月の留学生活を経験します。(長期研修

 現在、スペインサラマンカ大学に留学中の佐々木圭介君から世界遺産に指定されている大学都市サラマンカの旧市街を紹介するフォトレポートが到着したので、ご紹介します。

 はじめまして。私は現在、拓殖大学の長期研修プログラムを利用し今年の8月から3月までスペインのサラマンカという街のサラマンカ大学で語学研修をしている佐々木圭介です。

 今回はサラマンカ大学やサラマンカの街について写真を交えて簡単に紹介したいと思います。
 サラマンカ大学は、ヨーロッパでも有数の歴史ある大学で、1218年にアルフォンソ9世の命によって創立されたスペイン最古の大学で、「知識を求めるならサラマンカへ行け」と昔から言われた有名な大学です。多くの著名人がこの大学を卒業していきました。

 この続きは、http://www.takushoku-u.ac.jp/dept/frgn_lang/spanish/exp/sasaki.htmlをご覧ください。

|

2007年9月25日 (火)

スペイン語であそぼ(1):「El juego de los colores」

Juego_de_los_colores 遊びながらスペイン語を学べるサイトを見つけました。
http://www.tudiscoverykids.com/juegos/index.shtml?vEstado=0

スペイン語圏の子供用教育ゲーム集サイトで、2歳から5歳までの子供用セクションと6歳以上の子供用のセクションに分かれています。子供用だとあなどれません。相手はネイティブスピーカー、スペイン語運用能力はたいしたものだからです。

今日ご紹介するゲームは2歳から5歳用の「El juego de los colores」。(画面上左端のアイコン)、質問に答え、色を混ぜ合わせ、正しい色を作り、塗り絵に色を塗ると正解という単純なゲームですが、なんとなく癒されます。(笑)

質問は全てスペイン語なので、リスニングのいい練習になりますよ。
レベルとしてはスペイン語学科2年生に最適?

[瓜谷]

|

2007年9月24日 (月)

TV情報:「幻のアンデス黄金帝国インカに眠る12の謎!!」

Imgs3  本日(9/24)午後9時よりTBSで「古代文明ミステリー:幻のアンデス黄金帝国インカに眠る12の謎!!」が放映されます。2時間の大型番組です。

太古の昔から人類を魅了してきた「黄金」と、それにまつわる人間ドラマをアンデス・インカ文明に探る。91年、南米・ペルー北部のバタングランデで巨大ピラミッド「ロロ神殿」の発掘調査が行われた。通称「東の墓」の発掘では、南米大陸最大の黄金墳墓が見つかった。古代アンデス研究の権威で、米国・南イリノイ大学の島田泉教授は06年7月からロロ神殿西側の大規模発掘に挑んだ。新たな黄金製品の発掘成果と膨大な映像記録を基に、インカ帝国の謎に迫る。出演は松田龍平ほか。

http://www.ontvjapan.com/より

公式ホームページ:http://www.tbs.co.jp/inca-gold/index-j.html

[瓜谷]

|

2007年9月22日 (土)

イベント情報:「Fiesta Mexicana 2007」

Plan1  日本にいながらにしてメキシコ気分を満喫できるイベント「Fiesta Mexicana 2007」が今年もお台場で開催されます。メキシコの音楽やアート、食文化などを楽しむことができます。 メキシコ大使館が中心となり、日本とメキシコの交流の輪を拡げる毎年恒例のフェスティバルです。メキシコに関係した企業やレストラン・お店などが出展しているので、毎年楽しみにしてるスペイン語学科生も少なくありません。友達を誘ってあなたも参加してみませんか。期間は9/23(日)と9/24(月)の二日間だけ。ご注意ください。

詳しい情報は以下のリンクをご覧ください。
http://www.fiestamexicana-tokyo.com/

[瓜谷]

|

2007年9月21日 (金)

新作スペイン語映画:パンズ・ラビリンス

20070326015fl00015viewrsz150x  この映画はメキシコ/スペイン/アメリカの合作で、原題はEL LABERINTO DEL FAUNO。アカデミー撮影賞、アカデミー美術賞、アカデミーメイクアップ賞、スペインゴヤ賞他、世界各国の映画賞を受賞しています。

舞台は、1944年、フランコ独裁体制下のスペイン。内容は、「不思議の国のアリス」を思わせるダークファンタジー。10/6より全国ロードショーされます。

この作品を理解するのに役立つ、興味深い批評が以下のリンクにありますので、ご覧ください。

http://noraneko22.blog29.fc2.com/blog-entry-126.html

ちなみに公式ホームページは以下のリンクです。
http://www.panslabyrinth.jp/main.html

[瓜谷]

|

2007年9月20日 (木)

メキシコ情報:カンクンとハリケーン

10029536470_s  ここ数年、大型台風やハリケーンが増えてきたと思いませんか。ドキュメンタリー映画「不都合な真実」によると、地球温暖化の影響が大きいのだそうです。ちなみにこの映画、環境問題を理解するのに役立つだけでなく、プレゼンテーション技術を学びたい人にも必見です。というのは主役のアル・ゴアのプレゼンテーションの巧みさは特筆に値するからです。

 さて、世界有数のカリブのリゾート・カンクンですが、毎年のようにハリケーンに悩まされています。しかし、それだけにハリケーン対策も慣れたもの(?)で、風に飛ばされやすい看板を撤去するだけでなく、なんと信号機まで撤去してしまうのだそうです。
 HISのカンクン支店のブログにとても興味深いハリケーン対策の様子が説明されているのでごらんください。

「あのディーンさんがいらっしゃいました!!」(http://ameblo.jp/his-cancun/entry-10045850414.html

[瓜谷]

 

|

2007年9月19日 (水)

新作スペイン映画情報:サルバドールの朝

 さて、夏休みも終了し、久しぶりにブログの再開です。

今回もスペインで何本かDVDを購入してきました。その中の一本にSalvadorという作品があります。これは、1970年代初頭、フランコ政権の独裁に反対して反政府運動を行い、投獄された青年の物語です。この映画9/22より日本でも公開されのですね。ちなみに日本語のタイトルは「サルバドールの朝」です。

この映画の批評は映画瓦版にもあります。関心のある方はご覧ください。

[瓜谷]

|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »