« スペイン情報:チャベス大統領、スペイン国王に謝罪要求 | トップページ | スペイン情報:スペイン国王「黙れ」のさらなる余波 »

2007年11月20日 (火)

ポール・ポッツ(Paul Potts)

 さて、このブログはスペイン語圏の話題が中心ですが、今日は、例外です。実は、あるイギリス人男性を取り上げます。寒い冬に、心がとってもあったかくなるエピソードだからです。

 一昨日の日曜日は、スペイン人の友人宅で食事をごちそうになりました。そのとき、ポール・ポッツが世界的な話題になっていることを教えてもらいました。あまりにもインパクトが強い話だったので、ここでご紹介しましょう。

 イギリスにはタレント発掘のための「Britain's Got Talent」というTVオーディション番組があるそうです。ポール・ポッツはその番組に応募してきた無名の携帯電話のセールスマンです。ステージに現れた彼は、よれよれスーツの全く風采のあがらない中年男(?)で、カメラの前で棒立ちです。審査員の質問にも緊張で、どもりながら答えます。「お・お・オペラを歌いに来ました」これを聞いた審査員の表情は冷淡そのもの。失望感すら感じられます。観客の反応にも期待感はまったく見られません。そんな冷たい空気の中、彼は、おずおずと歌い始めるのですが、・・・・そのあとの展開はまるで劇映画のよう。自分の目で確かめるのが一番です。

そのときの映像をYouTubeでご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=1k08yxu57NA

その後のポール・ポッツの人生はこちらをご覧ください。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/071004/msc0710040214001-n1.htm



[瓜谷]

|

« スペイン情報:チャベス大統領、スペイン国王に謝罪要求 | トップページ | スペイン情報:スペイン国王「黙れ」のさらなる余波 »

音楽」カテゴリの記事