« スペイン情報:もうすぐクリスマス(宝くじ編) | トップページ | スペイン情報:スペイン版ラスベガス計画 »

2007年12月13日 (木)

スペイン語学科HP更新情報:在学生の声

Ganpou02  今年も、ラテンアメリカ婦人協会が主催するチャリティーバザー「フェスティバル ラティノ アメリカーノ2006」が11月2日、東京・港区の東京プリンスホテルで開催されました。    このバザーはラテンアメリカ諸国の恵まれない子供たちを支援するためのもので、毎年11月の初旬に開かれています。そして、毎年、スペイン語学科生数名がヘオルヒナ先生のご紹介で、語学ボランティアを務めています。

 今年のイベントに参加した願法奈央さんがそのときの様子を記事に書いてくれたのでご紹介します。

 私が参加したのは今回が初めてでした。バザーはとても大規模なもので、中央ステージはコロンビアの民族舞踊やブラジルのカポエイラなど、各種のショーで盛り上がります。ラテンアメリカ諸国の特産品がたくさん売られていて、各国の大使館の方々による自慢の手作り料理やお菓子まで販売されているのには驚きました。・・・

この続きは下のリンク先をご覧ください。

http://www.takushoku-u.ac.jp/dept/frgn_lang/spanish/voice/ganpou.html

[瓜谷]

|

« スペイン情報:もうすぐクリスマス(宝くじ編) | トップページ | スペイン情報:スペイン版ラスベガス計画 »

スペイン語学科情報」カテゴリの記事