« 南米情報:南米危機、急転直下の和解 | トップページ | スペイン情報:アルバ公爵夫人 »

2008年3月11日 (火)

スペイン情報:総選挙与党勝利

20080310k0000e030092000p_size5  ついにスペイン総選挙の結果が判明しました。左派与党・社会労働党が再び勝利し、サパテロ首相の二期目の続投がほぼ確実になりました。選挙期間中に北部バスク地方で与党の社会労働党元市議が射殺される事件がおきましたが、与党への同情票につながったという分析もあります。

  【パリ福井聡】9日投開票されたスペイン総選挙で、内務省は10日未明、開票率98.19%でサパテロ首相率いる左派与党・社会労働党が下院350議席 中169議席、ラホイ党首率いる右派野党・国民党が154議席をそれぞれ獲得する見通しと発表し、サパテロ政権の2期目続投が確実となった。与党は現有の 164議席からわずかに増やしたが、過半数の176議席には届かない情勢。前回同様、少数政党との連立政権を迫られる。

詳しくは、http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20080310k0000e030038000c.htmlをご覧ください。

サパテロ首相の勝利宣言(動画)
http://www.elmundo.es/elmundo/2008/03/09/eleccionesgenerales/1205087656.html

[瓜谷]

|

« 南米情報:南米危機、急転直下の和解 | トップページ | スペイン情報:アルバ公爵夫人 »

ニュース」カテゴリの記事