« スペイン情報:アルバ公爵夫人 | トップページ | スペイン情報:スペイン独立派ETA世論離れ弱体化 »

2008年3月13日 (木)

映画情報:ハビエル・バルデム来日

2008031200000002flixmovithum000  このたび、映画「『ノーカントリー』でアカデミー賞助演男優賞受賞の栄冠に輝いた、スペイン人映画俳優ハビエル・バルデムが来日し、記者会見を開きました。

情熱の国スペイン出身ということで、陽気にユーモアを交えサービス精神たっぷりにティーチイン(質疑応答)に答えていたハビエル。撮影中最も大変だったことは? という質問に対し、「毎朝起きたときに鏡で自分の髪型と顔を見なければいけなかったことだね」と『ノーカントリー』の殺人鬼アントンのヘアスタイルがおかっぱ頭だったことに対して自虐ネタをかまし、会場を爆笑の渦に!

詳しくは、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080312-00000002-flix-movi

ちなみにこの記者会見、海外のメディアはシャットアウトされていたこと、恋人ペネロペ・クルスとの関係には絶対触れないこと等が事前に決められていたそうです。

詳しくは、http://www.elmundo.es/elmundo/fotos_gente/2008/03/11/index_2.html

ちなみにハビエル・バルデムの次回作はフランシス・フォード・コッポラ監督の新作『Tetro』(原題)。アルゼンチンに移住したイタリア系の家族の確執の物語だそうです。

競争心と裏切りによって引き裂かれた家族の物語で、新人のアルデン・エーレンライクがギャロ扮する家族の元を去った兄・テトロを探す主人公を演じる。一時は、マット・ディロンがテトロにキャスティングされたという情報もあり、『アウトサイダー』、『ランブルフィッシュ』以来、25年ぶりのコッポラ作品への出演の期待も高まったが、これは幻となった。バルデムはアルゼンチンの文芸評論家、ベルドゥはテトロの長年の恋人に扮する。

詳しくは、http://www.cinemacafe.net/news/cgi/gossip/2008/03/3521/

[瓜谷]

|

« スペイン情報:アルバ公爵夫人 | トップページ | スペイン情報:スペイン独立派ETA世論離れ弱体化 »

映画・テレビ」カテゴリの記事