« スペイン情報:元市議射殺、ETAの犯行か | トップページ | スペイン情報:総選挙与党勝利 »

2008年3月10日 (月)

南米情報:南米危機、急転直下の和解

Amr0803081813015n1  国境に軍隊まで派遣して、緊張関係が高まっていた、コロンビア、エクアドル、ベネズエラ三か国でしたが和解が成立しました。

今回の緊張の背景にある、親米国コロンビア対南米左派諸国という構図を解説している記事をご紹介します。

【ロサンゼルス=松尾理也】南米コロンビア政府軍が隣国エクアドルの領土内で左翼ゲリラ「コロンビア革命軍」(FARC)幹部を殺害した事件を機に南米の北部で外交的緊張が高まっていた問題は7日、コロンビア、エクアドル、ベネズエラの関係3国首脳がドミニカ共和国で会談し、紛争終結に向けた和解に合意した。

続きはhttp://sankei.jp.msn.com/world/america/080308/amr0803081813015-n1.htmでご覧ください。

[瓜谷]

|

« スペイン情報:元市議射殺、ETAの犯行か | トップページ | スペイン情報:総選挙与党勝利 »

ニュース」カテゴリの記事