« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

スペイン情報:サン・セバスチャン国際映画祭

1_2  風光明媚なスペイン北部のリゾート地サン・セバスチャンは国際映画祭でも有名ですが、今回は日本映画も参加するそうです。

【7月29日 AFP】スペイン語圏で最も権威ある映画祭、サン・セバスチャン国際映画祭(San Sebastian Film Festival)の主催者は24日、第56回同映画祭の出品作の一部を発表。日本からは是枝裕和(Hirokazu Kore-eda)監督の『歩いても 歩いても』が出品される。


この続きは、「サン・セバスチャン国際映画祭、是枝監督『歩いても 歩いても』が出品作に」(AFP BBNews)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月30日 (水)

スペイン情報:夏はプールでのんびり

E0061699_53531100  以前ご紹介した記事でもわかるように、スペイン人の夏休みの過ごし方はのんびりそのもの。

 休暇でも都市に残る人はどうするのでしょうか。子供等がいる家族だと毎日のようにプールに行ったりします。スペインのプールの特徴は、周りに芝生が多く、人々は一日中本を読んだり、トランプゲームをしてのんびり過ごすことができます。

 次の記事の写真を見ていて、昔、娘が小さかった頃サラマンカのプールで遊ぶのが大好きだったことを思い出してしまいました。お昼前にプールに着き、9時過ぎまで遊ぶというのが彼女やそのいとこ達の日課でした。

閉園後のプールです。
プールは七時半にしまって それから スイミングクラブの練習。
今日から ウォーターポロが始まるので末っ子も連れて行きました。


この続きは、「夕暮れのプール 」(村人生活@ スペイン)をごらん下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月29日 (火)

スペイン情報:拒食症と過食症

1 スペインの若い女性の拒食症や過食症は日本以上に社会問題化しています。サラマンカに住む私の友人の娘さんも拒食症に苦しんでいて、治療のために毎月わざわざマドリードまで通っていました。

【7月21日 AFP】スペイン警察当局は、若い女性たちを拒食症や過食症に駆り立てるようなウェブを約400サイト特定した。20日の日刊紙ABCが報じた。

この続きは、「危険な「過激ダイエット」サイト400件、スペイン警察が特定」」(AFP BBNews)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月28日 (月)

スペイン情報:漢字っておしゃれ?

E0061699_721914  最近、漢字をブリントしたTシャツ等を着ている西洋人をよく見かけるようになりました。ときどき意味不明なものもあり、笑わせられますが、つぎのエピソードはちゃんと意味がわかっているケースなんですね。

魔女を捜して旅に出ています」(村人生活@ スペイン)

[瓜谷]

|

2008年7月27日 (日)

スペイン情報:スペイン国王、チャベス大統領と和解

Apx200807260007 例の「黙らないか事件」、このブログでも、何度も取り上げてきましたが、スペイン国王がベネズエラのチャベス大統領に「黙らないか」シャツ贈ることで和解したそうです。

【サンパウロ=石田博士】スペインを訪れたベネズエラのチャベス大統領は25日、昨年11月の国際会議で「舌戦」を演じたスペインのフアン・カルロス国王と、地中海の同国領マジョルカ島にある王室の別荘で会談した。両者は和解を強調。


この続きは、「スペイン国王、チャベス氏に「黙らないか」シャツ贈る」(asahi.com)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月26日 (土)

メキシコ情報:Tacos de Pastor

10078028388  とてもおいしそうな記事を見つけました。

メキシコ料理というと、誰もが真っ先に思い浮かべるのがタコス!
日本でもタコスのようなものを食べることができますが、
メキシコに来ないと食べれないタコスが、今日紹介する
タコス・デ・パストール(Tacos de Pastor)

この続きは、「タコス・デ・パストール 」(H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月25日 (金)

コロンビア情報:FARC人質救出にイスラエル諜報機関も関与?

3156984 このブログでも何度か取り上げているFARC人質救出作戦ですが、イスラエルのイスラエル諜報機関も関与説が浮上してきました。

【7月22日 AFP】左翼ゲリラ「コロンビア革命軍(Revolutionary Armed Forces of Colombia、FARC)」の人質となっていたフランス系コロンビア人政治家イングリッド・ベタンクール(Ingrid Betancourt)氏らの救出劇に、イスラエルの対外特務機関モサド(Mossad)が関わっていたと、20日のスペインのバンガルディア(Vanguardia)紙が報じた。


この続きは、「FARC人質救出にイスラエル諜報機関も関与か、スペイン紙」」(AFP BBNews)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月24日 (木)

スペイン情報:夏と言えばオープンカフェ

Gran_viathumb_2 スペインの夏の楽しみの一つが、街中に展開するオープンカフェですね。

スペインでは、戸外での飲食アンドおしゃべりが大好き。スペインだけではなく、ヨーロッパ全体がそうなんだと思います。ただ、スペインは気候がいい期間が長いので、写真のようなオープンカフェでくつろげる期間も長いです。しかも、暑い夏でもパラソルやビルや木の陰に入ると、湿気が少ないのでとても涼しいから快適です。ご覧の写真は、マドリッドのど真ん中、グラン・ビアのバル。かなりの交通量がある道のとなりでもお構いなく、清涼飲料水などでリフレッシュ!

この続きは、「オープンカフェで一休み 」(スペインコラム)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月23日 (水)

スペイン情報:ゲルニカの損傷深刻に

1  マドリードに行く観光客はほとんど必ず国立ソフィア王妃芸術センターでピカソの傑作ゲルニカを見ますが、そのゲルニカ、どうもたいへんなことになっているようです。

【7月21日 AFP】スペイン・マドリード(Madrid)の国立ソフィア王妃芸術センター(Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofia)による調査の結果、同センター所蔵のパブロ・ピカソ(Pablo Picasso)の傑作「ゲルニカ(Guernica)」が多くの損傷を受け特別な配慮が必要な状態であることが分かった。スペインの日刊紙パイス(El Pais)が20日、報じた。


この続きは、「ピカソの傑作ゲルニカ、「損傷は深刻」と専門家」」(AFP BBNews)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月22日 (火)

ベネズエラ情報:チャベス大統領「私は黙らない」

1  スペイン国王がベネズエラのチャベス大統領に「黙ったらどうかね」と一括した事件があったのを覚えていますか。
ぎくしゃくしている両国関係の修復するためにこのたびスペイン訪問することになったのですが・・


【7月21日 AFP】ベネズエラのウゴ・チャベス(Hugo Chavez)大統領は20日、今週からのスペイン訪問を前に、以前、チャベス大統領に「黙れ」と一喝したフアン・カルロス1世(Juan Carlos I)スペイン国王に宛てて、「わたしは黙らない」と挑発メッセージを送った。

この続きは、「ベネズエラ大統領、スペイン訪問前に「わたしは黙らない」」(AFP BBNews)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月21日 (月)

スペイン情報:お土産は何にしますか

10076460065_s メキシコに続き、今度はスペインのおすすめお土産情報をお届けします。

皆様こんにちは。
今回は一斉配信ということで、マドリッドのお土産を紹介します。
前回の【学生さんにオススメのお土産 】紹介では主にB級はてなマークな
物を紹介したので、そちらもぜひ参考にして欲しいのですが、
今ちまたでは夏の大バーゲンセールが始まっているので、
ちょっとご紹介します。

この続きは、「一斉配信企画第8弾「これ買ってって!マドリッド土産 」
」(H.I.S.マドリッド支店☆スペイン耳より情報♪)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月19日 (土)

スペイン情報:マドリード列車爆破テロ事件、最高裁判決

1  あのマドリード同時テロが起こったのは2004年でした。その影響でその年の夏のスペイン短期研修が中止になってしまったものでした。さて、その事件の最高裁判決ですが

【7月18日 AFP】死者191人を出した2004年3月のスペイン・マドリード(Madrid)での列車同時爆破テロ事件の公判で、スペイン最高裁は17日、実刑判決を受けていた被告21人のうち4被告に対し無罪を言い渡した。

この続きは、「マドリード列車爆破テロ事件、4被告が逆転無罪 スペイン最高裁」(AFP BBNews)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月18日 (金)

メキシコ情報:お土産は何にしますか

10076266672  メキシコを訪れる日本人に人気のあるお土産ってなんでしょう。

コレ買ってってビックリマークメキシコシティ土産メキシコ
そんな企画にピッタリのグッズをご紹介ひらめき電球
メキシコシティにいらっしゃったお客様から今、
絶大な人気を誇るグッズがこれ

この続きは、一斉配信企画第8弾 「これ買ってって!メキシコシティ土産 」
(H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月17日 (木)

スペイン情報:スペイン人は日傘がおきらい

Tomar_solthumb  夏の日差しがあれほど強烈なスペインですが、スペイン人は日傘や帽子を使いたがりません。日傘を指している人を見かけると、日本人観光客だったりします。

 日本の夏は、とにかく日焼けを防ごうと、女性は日傘を差したり、帽子をかぶって歩くのはもちろんのこと、最近は腕の日焼けを防ぐため、長い手袋をはめて歩いている女性もいますよね。しかし、もっと太陽の力が強いと感じられるスペインでは、日傘を差す人はほぼゼロ、帽子もゼロに近いですね。 

この続きは、「夏のスペイン女性」(スペインコラム)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

メキシコ情報:ネットの「殺し屋」広告

 日本でもネットで殺人を依頼する事件が起こっていますが、メキシコでは「信頼できるプロの殺し屋(?)」の広告の取り締まりが始まっているそうです。

 [メキシコ市 11日 ロイター] 同市の警察当局は11日、6000ドル(約64万円)で殺害依頼を受けるなどとしてインターネット上に掲載された複数の「殺し屋」のクラシファイド広告について、捜査を行っていると発表した。 

この続きは、「メキシコの警察、ネットの「殺し屋」広告を捜査 」(ロイター)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月16日 (水)

メキシコ情報:国境の町ティファナ事情

 アメリカとの国境の町ティファナは米国人が手軽に訪れることのできるメキシコとして人気でしたが、最近は事情が変わってきているようです。

 メキシコ北部国境の町ティファナは米国に流入する不法移民の玄関口の1つだが、比較的低い物価と固定した社会構造の下で、富裕層はむしろ米国よりも優雅な暮らしを営んでいた。ところが最近、その富裕層が大挙して米国に移り住む現象が起きている。不法移民とは違い、合法的な滞在資格を手に国境を越える「新たな移民」を生み出しているものは何か。

この続きは、「【鼓動】ティファナ 国境を越える人々 」(産經ニュース)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

スペイン情報:男の子の育ち方

E0061699_6484972  今日は、ちょっと微笑ましいブログ記事をご紹介しましょう。

真ん中のこどもって 損なのか?
末っ子に対して 特に夫は甘い。 だから 真ん中の息子は たまに 爆発します。
私は 長男 つまり この真ん中の子に実はかなり頼っています。(中略)

「パパ ママとお風呂に入っても良い?」
まあ こういうことを 父親にお願いする所が ヨーロッパの子供なのでしょうか。

この続きは、「かっこいいスペイン男の作り方」(村人生活@ スペイン)をごらん下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月15日 (火)

スペイン情報:オルチャタを知っていますか。

B0064411_21534956  みなさんは、バレンシア地方原産のHorchataというドリンクを知っていますか。

スペインではとても有名なのですが、日本人にはあまり知られていないようです。そこで、今日はHorchataの紹介記事を取り上げてみました。

用事があって友人と合い、じゃついでにお昼を食べようか、と近くのイタリアンに。
外にあったちょっとおしゃれなメニューを二人でじっくり見てあまりよくないわね、と隣を見る。
(中略)そこを出ると、おいしいHorchata屋があるのよ、と誘ってくれたカフェへ オルチャタというのは、

この続きは、「オルチャタ」(gyuのバルセロナ便り)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

カリブ海のサンゴ礁、危機

3114585  あの美しいカリブ海でも環境汚染の深刻さは日増しに強まっています

【7月10日 AFP】地球温暖化と環境汚染により、世界中でサンゴ礁の破壊が進む中、カリブ海(Caribbean Sea)で現在、良好な状態のサンゴ礁はわずか25%にすぎないという。米フロリダ(Florida)州フォートローダデール(Fort Lauderdale)で7日から開催されている「第11回国際サンゴ礁シンポジウム(International Coral Reef Symposium、ICRS)」で、米海洋大気局(National Oceanographic and Atmospheric Administration、NOAA)が報告した。

この続きは、「楽園カリブ海のサンゴ礁、健康状態はわずか25%」(AFP BBNews)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月14日 (月)

スペイン情報:脱原発

Afp018339_00qui  スペインは風力発電等再生可能なエネルギー開発に力を入れています。

【マドリード28日AFP=時事】スペインのサパテロ首相は29日付の同国紙エルパイスに掲載されたインタビュー記事の中で、古くなっている原子力発電所の寿命を延ばすことはないと言明、サパテロ政権が掲げる脱原発政策の維持を強調した。

この続きは、「脱原発の維持強調=スペイン首相」(JIJI PRESS)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

チリ情報:地下鉄でストリップ

1  世の中には、いろいろな人がいるものですね。

【7月12日 AFP】チリのサンティアゴ(Santiago)で10日、朝の通勤時間帯の地下鉄でポールダンスを踊った女が逮捕された。 モンセラット・モリレス(Monserrat Morilles)容疑者(26)は、数日前から皮のコートと黒いブーツといういでたちで地下鉄に乗り込み、一枚ずつ服を脱ぎながら、

この続きは、「地下鉄でポールダンスを踊った女を逮捕、チリ」(AFP BBNews)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月13日 (日)

スペイン情報:夏休みの過ごし方

1athumb  いよいよ、もうすぐ夏休みですね。さて、典型的なスペイン人達の夏休みの過ごし方をご存知ですか。子供達の夏休みはなんと3ヶ月間、大人達は少なくとも2週間続けて休暇を取り、避暑地にでかけます。そんなスペイン人の夏休み事情をわかりやすく解説したブログ記事を見つけたのでご紹介します。

ご存知の方も多いと思いますが、スペインの夏休みはとても長いです。中学校以上の生徒は6月15日くらいから、小学校も22日くらいから始まり、なんと9月の中旬まであります。

この続きは、「スペイン人の夏休み」(スペインコラム)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

TV番組情報:THE世界遺産

Yokoku  本日夜の、TBS「THE世界遺産」(2008年7月13日:後06:00~後06:30)
「セビリア大聖堂 アルカサル インディアス古文書館(スペイン)」特集です。

 スペイン・セビリアの大聖堂などを紹介する。セビリアは8世紀以降、500年
 間にわたってスペインを支配したイスラム勢力の中心地だった。当時、城を兼ね
 た王宮として造られたアルカサルが残る。13世紀にキリスト教勢力がセビリア
 を取り戻し、15世紀になって大聖堂が着工された。セビリアの議会は「とにか
 く大きな教会を造ろう」と決議し、完成までに1世紀を要した。大聖堂はローマ
 のサンピエトロ、ロンドンのセントポールに次ぐ3番目の大きさを誇る。

(公式HP:http://www.tbs.co.jp/heritage/

[瓜谷]

|

2008年7月12日 (土)

南米情報:ナチの「死の医師」

1  南米には今でもナチ戦犯が亡命しているとみられ、執拗な捜査が続けられています。

【7月11日 AFP】ユダヤ人権擁護団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(Simon Wiesenthal Center)」は10日、ナチスドイツの強制収容所で虐殺に関与し「死の医師(Dr. Death)」の異名をとるアリベルト・ハイム(Aribert Heim)容疑者(94)の足取りを、潜伏先である南米でつかみつつあることを明かした。

この続きは、ナチの「死の医師」、潜伏先の南米で発見間近か(AFP BBNews)をご覧下さい。


[瓜谷]

|

メキシコ情報:郵便局でもルチャドール

R0014680s  メキシコ人って本当にルチャ・リブレが好きなんですねl。

やらなきゃいけないことはたくさんあるっちゅーのに
何故かブログを書いてしまう愚かな私をどうか許してください。
いまメキシコシティの郵便局本局で、ルチャドール、サントをテーマにした
展覧会が行われています。サントのマスクや、マント、トロフィー,
チャンピオンベルトなどとともに2代目サントの絵画作品などが展示されてます。

この続きは、「郵便局とルチャドール」(名代☆日々是メキシコ)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月11日 (金)

アルゼンチン情報:温暖化?氷河、冬に崩落

3111739  南半球、アルゼンチンは冬になります。さて、冬のアルゼンチンでも地球温暖化の影響か、異変が起きています。

【7月9日 AFP】南米アルゼンチン・パタゴニア(Patagonia)の人気観光スポットの1つペリト・モレノ(Perito Moreno)氷河で、冬としては初めて氷河が崩落する見込みだという。地球温暖化の影響が指摘されている。科学者や環境活動家が8日に発表した。

この続きは、「ペリト・モレノ氷河が初めて冬に崩落、温暖化の影響か」(AFP BBNews)をご覧下さい。

氷河の崩落シーンを見たことがありますか。近くで見るとたいへんな迫力でしょうね。

動画:激写!!パタゴニアの氷河大崩落!! (YouTube)


[瓜谷]

|

2008年7月10日 (木)

チリ情報:詩人パブロ・ネルーダ、未発表作品14点発見

105_ilpostino  みなさんは映画「イル・ポスティーノ」をごらんになりましたか。
内気で孤独な郵便配達人のパブロが、詩人パブロ・ネルーダと出会うことで、詩のすばらしさを知り、内面的に成長していく姿を感動的に描いた作品でした。

全世界的に子供達の受難を伝えるニュースが溢れかえる、昨今のやるせない怒りの日々の中、ささくれ立った心を優しく愛撫してくれるような、そんな名画を無性に観たくなる時がある。(中略) 詩人で外交官、共産主義者のパブロ・ネルーダが祖国チリを追われイタリアへ亡命し、この小さな島に滞在することとなった。世界中の女性からパブロの元へと届くファンレターを配達する青年マリオは、郵便配達人としてパブロと知り合うのであった。

続きは、「 イル・ポスティーノ」(中川敬のシネマは自由をめざす)をごらん下さい。

 このチリの国際的に有名な詩人パブロ・ネルーダの未発表作品14点が発見されたというニュースが入ってきました。

【7月9日 AFP】1971年にノーベル文学賞を受賞したチリの国民的詩人パブロ・ネルーダ(Pablo Neruda、1904-1973)の未発表作品が数点発見された。妻の姪(めい)である40歳も年下の女性に対する、詩人最後のロマンスが垣間見られる作品だという。

この続きは、「チリのノーベル文学賞詩人P・ネルーダ、未発表作品14点発見」(AFP BBNews)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月 9日 (水)

スペイン情報:サンフェルミン祭に参加するための豆知識

 今、スペインでは連日のように牛追い生中継で盛り上がっています。

以下のリンクで毎日の中継のダイジェスト動画を見ることができますl

Encierros San Fermín 08

 さて、この祭りに由緒正しく参加するには、いくつかのお約束事があるそうです。

以下のブログ記事を参考して、みなさんも地元の人々と同じスタイルでサンフェルミン祭に参加してみませんか。

今日7日からは牛追い「エル・エンシエロ El encierro」もスタートしたサンフェルミン祭。
このフィエスタの期間中、毎朝放送される”牛追い生中継”、ついつい見ちゃいますね。(中略)
そんなパンプローナ出身の友達から伝授のサンフェルミン祭についての豆知識。スペインネタむだ話ブログを通じて、日本人学生や観光客の皆さんにも是非コメントしてみて!と言われた、”牛追い祭りトリビア”をちょこっとご紹介。

続きは「牛追い祭り・サンフェルミン祭 トリビア」(スペイン ブログ Parloteo)をごらん下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月 8日 (火)

コロンビア情報:FARCの人質解放作戦のビデオを公開

3103437  コロンビア軍による人質救出作戦の成功を疑問視する声に対する反論として、ビデオが公開されました。

【7月5日 AFP】コロンビア軍は4日、左翼ゲリラ・コロンビア革命軍(Revolutionary Armed Forces of Colombia、FARC)からイングリッド・ベタンクール(Ingrid Betancourt)氏ら15人の人質を奪還した作戦の模様を撮影したビデオを公開した。

続きは、「コロンビア軍、FARCの人質解放作戦のビデオを公開」(AFP BBNews)をご覧下さい。

肝心のビデオ映像は以下のリンクでごらん下さい。
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2415100/3108338

[瓜谷]

|

スペイン情報:ゲイ・プライド・パレード

3105258  スペインは、同性婚と同性婚カップルによる養子縁組が認められているのをご存知ですか。

【7月6日 AFP】同性愛者の権利拡大を求めるゲイ・プライド・パレード(Gay Pride Parade)が5日、スペインの首都マドリード(Madrid)で開かれ、同性愛者と支持者ら数十万人が目抜き通りを行進した。

この続きは、「スペインでゲイ・プライド・パレード、先導は平等相」(AFP BBNews)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月 7日 (月)

スペイン情報:今日からSan Fermín

1  牛追い祭りとして有名なSan Fermín がいよいよスタートしました。

【7月7日 AFP】スペイン北東部パンプローナ(Pamplona)で6日、毎年恒例の牛追い祭(San Fermin Fair)が始まった。
警察と地元当局によると、塀の上で見学していた男性が落下し死亡。男性はアイルランドで発行された銀行のキャッシュカード以外に身元を特定できるものを所持しておらず、警察が身元確認とともに事故が起きた状況についても捜査している。

この続きは、「パンプローナの牛追い祭はじまる、初日から死者」(AFP BBNews)をご覧ください。

スペインのフィエスタでも世界的に最も知られている、”インターナショナル・フィエスタ”と言われるのが、パンプローナで行なわれるこのサンフェルミン祭・牛追い祭りサン・フェルミン祭は例年7/6〜14に行なわれる。

この続きは、「サンフェルミン San Fermin 2008 今日からスタート」(スペイン ブログ Parloteo)でごらん下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月 6日 (日)

メキシコ情報:首都の車両通行規制

10073031531  メキシコシティーでは毎日車通勤している人でもある曜日になると電車通勤やバス通勤をしているのを知っていますか。

これは1990年からメキシコシティで実施されている
車両通行規制のプログラムで、
1交通量を減らすため
2排気ガスによる大気汚染を抑制するため
に実施されていて、車のナンバープレートの最後の数字によって、
それぞれ色分けされ、市内を走行してはいけない曜日を
勝手に決められてしまうのです

続きは「HOY NO CIRCULA」(H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~)をごらん下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月 5日 (土)

スペイン情報:スペインでもクールビズ?

1 考えてみるとスペインではネクタイを締めている人はずいぶん少ないですよね。銀行員でもほとんどノーネクタイ。そんなスペインでこんな話題が持ち上がっています。

【7月4日 AFP】スペイン議会で「クールビズ」が話題になっている。省エネと地球温暖化対策としてエアコンの使用を控えるよう、数人の閣僚がネクタイ着用を拒んだためだ。


この続きは、スペイン閣僚に「クールビズ紛争」発生(AFP BBNews)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

新作映画情報:「コレラの時代の愛」

Top_01 「51年9ヶ月と4日、君に飢えて眠り、君を求めて目覚める」
なかなかインパクトのあるキャッチコピーですね。

コロンビアが世界に誇るノーベル文学賞作家ガルシア=マルケス原作の「コレラの時代の愛」(ハビエル・バルデム主演)が
8/9(土)よりシャンテシネ、Bunkamuraル・シネマ他で全国順次ロードショーされます。

詳しくは以下の公式ホームページをごらん下さい。動画もあります。ただし、残念ながらスペイン語ではなく英語版映画です。
http://kore-ai.gyao.jp/

[瓜谷]

|

2008年7月 4日 (金)

コロンビア情報:電撃的な人質救出作戦

3098515  左翼ゲリラ「コロンビア革命軍(FARC)」に長期間拘束されていた政治家イングリッド・ベタンクール(Ingrid Betancourt)元大統領候補らを含む人質達がついに劇的に解放されました。

 

まるでスパイ映画さながらの見事な救出作戦です。

【7月3日 AFP】左翼ゲリラ・コロンビア革命軍(Revolutionary Armed Forces of Colombia、FARC)からの劇的な人質救出作戦は、組織に潜入していたコロンビア軍の諜報部員が、FARC司令官の命令を装って人質を連れ出したものだった。3日、フアン・マヌエル・サントス(Juan Manuel Santos)コロンビア国防相と、イングリッド・ベタンクール(Ingrid Betancourt)元大統領候補ら救出された元人質らが、記者会見で明らかにした。

この続きは、「大胆な」コロンビア軍、ゲリラをだまして人質救出(AFP BBNews)をご覧下さい。

救出されたベタンクール氏の様子は以下の記事をどうぞ。
FARCから救出されたベタンクール氏ら、首都ボゴタに到着」(AFP BBNews)

このニュースの動画もごらんください。
【動画】FARCから救出されたベタンクール氏、家族らと再会」(AFP BBNews)

[瓜谷]

|

2008年7月 3日 (木)

スペイン・サッカー情報:マドリードで凱旋パレード

1  欧州選手権を制したスペイン代表を迎えた人々の熱狂ぶりはすごいです。

【7月1日 AFP】サッカーの欧州選手権で44年ぶり2度目の優勝を果たしたスペイン代表は6月30日、首都マドリード(Madrid)で凱旋パレードを行い、歓喜する数十万人のファンに迎えられた。

続きは、「欧州選手権を制したスペイン代表がマドリードで凱旋パレード」(AFP BBNews)をご覧下さい。

コロン広場(Plaza de Colon)に集まった群衆のすごさを映像でお確かめください。
http://www.20minutos.tv/index.php?v=SiZdHeyPuf

[瓜谷]

|

スペイン情報:もうすぐサンフェルミン

 日本で、牛追い祭りの名でも知られるサンフェルミンがもうすぐ始まります。
その前祝いか、ちょっと変わったイベントが開かれました。

サンフェルミンのフィエスタまで、今年も残すところあと7日。
sanfermin.comでは、秒単位のカウントダウンが表示され、みんなが心待ちにしているフィエスタへ向け、気分も盛り上がってくるというもの!
そんなパンプローナで、今日、ちょっと早めの牛追いが行なわれました。

続きは、「ちょっと早めの牛追い - Bullはブルでもレッドブル」(スペイン ブログ Parloteo)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月 2日 (水)

メキシコ料理情報:パステス

Pastes1s メキシコ料理はお好きですか。

(前略)メキシコ料理の苦手な私が、すすめる
おいしいメキシコ料理を案内しようと思いまして・・・。
でもって、第一弾は
これパステスです。


続きは、「メキシコうまいもん〜パステスの巻〜」(名代☆日々是メキシコ)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2008年7月 1日 (火)

スペイン情報:バスク分離独立問題で住民投票

 地方分権意識の強いスペインの中でも急先鋒なのがバスク地方。その動きが加速しています。

【パリ28日共同】スペインからの報道によると、分離独立問題を抱える同国北部バスクの自治州議会は27日、バスクの民族自決について住民の意見を問う住民投票の実施計画を賛成多数で可決した。

続きは、「バスク住民投票を可決  民族自決の設問、政府反発 」(共同通信)をご覧下さい。

今回の住民投票の背景となるバスク独立問題について知りたい方は以下のサイトをご覧下さい。

スペイン:バスク独立問題/カタルニア独立問題
http://www.special-warfare.net/data_base/101_war_data/euro_01/spain_01.html

[瓜谷]

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »