« メキシコ情報:運転免許取得法 | トップページ | キューバ情報:映画館事情 »

2008年9月25日 (木)

理想的なスペイン語作文上達法発見!?

Lang8home_s スペイン語圏滞在歴が長く、日常会話の上手な日本人はたくさんいます。しかし、彼らに、スペイン語で文章を書いてもらうと、間違いだらけで、びっくりすることがよくあります。

作文力(読解力も)は、現地でいくら長く生活していても、それだけでは上達しません。

読解力の強化なら、一人でもできます。こつこつ単語を覚えながら、同時に関心のある分野の本を多読することが一番の近道です。

それでは、作文力はどうでしょうか。残念ながら独学での上達は非常に難しいと言わざるを得ません。なぜならば、外国語での作文力を鍛えるには、たくさん書き、たくさん添削してもらう経験をつむ必要が不可欠だからです。

たとえば、日記を毎日スペイン語で書くとしましょう。書かないよりははるかに力がつきますが、添削してもらわないと自分の間違いに気づきません。身近にネィティブの友人がいる恵まれた人なら別ですが、平均的な日本人学習者には叶わない夢です。

そのような理由からか、「話す・聞く・読む・書く」の4技能で、文法的に正確な文章を書く力のある学習者が一番少ないというのが語学教師としての印象になっています。

しかし、インターネットの出現で、時代はまったく変わってしまいました。

何十年、何百年と続いてきた語学教育の障害が根本的に克服されつつあります。

Lang-8」というネット上の作文無料添削サービスのサイトが出現したことを以下のブログ記事で知りました。


SNS 形式の語学学習サイト Lang-8 に入ってみましたが、これは本当にすばらしい! どういうシステムかというと、
  * 自分が習得したい言語で書いた日記を、その言語のネイティブの人が添削してくれる
  * 自分も、自分の母語を学ぼうとしている人の書いた日記を添削する
という具合になっています。
外国語のレッスンを一方的に受けるのではなく、互いに教えあうサイトというわけです。


この続きは、『[web]語学学習者のための相互添削サイト "Lang-8" がすばらしい』(光の円錐)をご覧下さい。

ようするに、スペインなどでよく行われているItercambio(言語相互学習)のネット版です。

今後、このようなネット上での相互言語学習サービスは確実に増えていくことでしょう。

みなさんも、ぜひこのようなサービスをどんどん利用して、スペイン語の作文力を高めてください。

[瓜谷] 

|

« メキシコ情報:運転免許取得法 | トップページ | キューバ情報:映画館事情 »

「書く力」を伸ばす」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事