« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

「Jogli」 でラテン音楽動画検索

Jogli3 ラテン音楽好きのあなたに贈るお役立ち情報です。

YouTbeの動画ファイルを利用した音楽共有サービスを見つけました。このサービスは、音楽の共有方法や楽曲検索の機能がずば抜けて優れたものとなっています。
何がスゴイかって、それは…

この続きは、『音楽共有サイト「Jogli」のスゴすぎる機能でラテン音楽を探してみた 』(こっそり楽しむラテンオタクのネタ探し)をご覧下さい。

そして、上記ブログ著者イチオシのラテン音楽は以下のリンクでお楽しみください。
イチオシのラテン音楽【2009年1月】」 ((こっそり楽しむラテンオタクのネタ探し))

[瓜谷]

|

2009年1月30日 (金)

スペイン情報:悪天候でバスク地方も被害

1 スペインの悪天候(Temporal)は依然としてスペイン各地に被害をもたらしています。前回のバルセロナに続き、今度はバスク地方の被害状況をお伝えします。
ビルバオの街が洪水で浸水している様子はショッキングです。

スペイン・バスク地方は異常気象に見舞われ、洪水に襲われたビルバオでは強風で野球場の壁が崩れて11人が死亡、また豪雪で村落が孤立した。

このニュースの映像を以下のリンクでご覧ください。
スペイン・バスクに異常気象 (字幕・26日) 」(Reuters.co.jp)

[瓜谷]

|

2009年1月29日 (木)

ゲバラのスピーチをスペイン語で

1 映画『CHEチェ 28歳の革命 | 39歳 別れの手紙』の公開もあり、最近はちょっとしたゲバラブームですね。ちなみに、本物のゲバラはとても精悍で男前でした。

みなさんは、ゲバラの生の姿と声を聞いたことがありますか。今日はゲバラのお宝映像をお楽しみください。

チェ・ゲバラが革命後のキューバの閣僚となった後の1964年12月、ゲバラはキューバ代表として、国連で演説を行った。
 ゲバラはすでにはじまっていた米国によるキューバへの経済制裁の違法性など、アメリカ帝国主義への痛烈な批判や経済制裁の廃止を訴えたのである。
 ゲバラは武力革命の旗手のように思われがちだが、ゲバラの思想の根底には、「愛」や「平和」思想が根強くある。

続きと映像は、『チェゲバラの世界観国際主義と国連演説』(独立系メディア「今日のコラム」 )をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年1月28日 (水)

ボリビア情報:ボリビア憲法改正、国民投票で承認へ

3725050 ボリビアで、先住民出身のモラレス大統領が推進する先住民の権利拡大を定めた新憲法案が国民投票を受けて成立する見通しです。

【1月26日 AFP】(写真追加)南米ボリビアで25日、先住民の権利拡大などを盛り込んだ憲法改正の是非を問う国民投票が行われ、地元2大テレビによる出口調査によると、賛成票が8%以上の差で反対票を上回り、新憲法は承認される見通しとなった。

続きは、『ボリビア憲法改正、国民投票で承認へ 先住民の権利拡大など盛り込む』(AFP BBNews )をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年1月27日 (火)

スペイン情報:暴風の爪痕

B0064411_0103056 最近、スペインの新聞では、temporalという単語がよく目につきます。
この単語は、形容詞としては「一時的な」という意味ですが、名詞として「暴風・嵐」を意味します。
スペインでは今、この「temporal暴風・嵐」がイベリア半島各地に大被害をもたらしています。
バルセロナではスポーツ施設の一部が強風で崩れ、死傷者がでています。
そんな強風が襲った翌日のバルセロナの様子をご紹介しましょう。

スペイン国内あちこちでさまざまな被害を巻き起こした強風は、カタルーニャ地方で、最高風速202km/hを観測し、ほとんどの地域が120~180km/hほどに達していました。
今日もまだ風は強いのですが、昨日のようなものすごい風は収まり、日が輝いていたので、風の調子も順調だし、ちょっと外を歩いてみました。

続きは、『突風の吹き荒れた翌日』(gyuのバルセロナ便り )をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年1月26日 (月)

オバマ大統領のスピーチを英語とスペイン語で比べてみよう

2 英語とスペイン語、両方マスターしたいという欲張りなあなたにおすすめです。スペイン語話者のための英語学習サイトにこんなおもしろいものがありました。

アメリカの大統領に就任したことで話題を集めるオバマさん。彼の過去のスピーチをスペイン語を読みながら閲覧できるサービスがありました。
「Yappr」という英語学習サービスを展開するウェブサイト。
そのスゴすぎる機能を堪能してみました。

続きは、『オバマ大統領の演説をスペイン語で理解してみよう』(こっそり楽しむラテンオタクのネタ探し )をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年1月25日 (日)

映画情報:「エレジー」の映画評

F0129431_263728昨日 から公開されたイザベル・コイシェ監督の「エレジー」ですが、評判いいみたいですね。あちらこちらから、とてもよかったという声が聞こえてきます。


・・・・そして、コイシェ監督が現代アメリカ文学の巨匠フィリップ・ロスのスキャンダラスな短篇小説、「ダイニング・アニマル」(集英社刊)を映画化した「エレジー」はそうした期待をさらに上回る本当に魅力的な作品だ。

続きは、『あなたを、もう一度愛したい。~近年にない完璧な映画!「エレジー」』(Tokyo Art Patrol )をご覧下さい。

ちなみにコイシェ監督の次回作は、菊地凛子主演で日本を舞台にした作品なのですね。こちらも楽しみです。

[瓜谷]

|

2009年1月24日 (土)

ヒスパニック事情:LAの移民社会で生きぬくにはメキシコ人のふりをする?

1 ロサンゼルスで生き抜くためにメキシコ人のふりをしなければならなかったエルサルバドル人の実話です。

・・・・メキシコ人はロサンゼルスの中南米系移民のなかで最も人口が多く、移民が就きたがる仕事の大半を握っている。ここで仕事に就くためには、メキシコ人の経営者や請負業者に気に入られなければならない。

詳しくは、『LAの移民社会で生きるならメキシコ人のふりをしろ』(COURRiER Japon )をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年1月23日 (金)

スペイン情報:ゴヤの「巨人」、実は弟子の作品?

Tky200901210341 プラド美術館でゴヤの展示室を見たことのある人は、この巨人の絵に見覚えがあるのでは。さて、ゴヤの作品とされるこの絵の作者がほんとにゴヤかどうかが問題になっています。

ゴヤ(1746〜1828)の作品と見なされてきた絵画「巨人」が、実は他の画家の作品だったとする調査報告書を、所蔵するマドリードのプラド美術館が近く公表する。「巨人」は同館で最も人気が高い作品の一つ。

この続きは、『ゴヤの巨人の調査報告書、出るの?出ないの?』(KLE4cの日記 )をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年1月22日 (木)

コロンビア情報:「闘牛祭り」でけが人続出

1 人はなぜ牛の前で勇気を見せることにこれほどこだわるのでしょうか。
今回は、コロンビアの闘牛祭りの話題です。

その歴史は150年。「モー烈」闘牛祭りで、今年もけが人が続出です。たくさんの馬に牛が追いかけられています。南米・コロンビアの闘牛祭り。多くの人が詰めかけ、スタジアムは大興奮です。

この続きと動画は、『コロンビアの「闘牛祭り」でけが人続出』(TBS NewsI)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年1月21日 (水)

メキシコ情報:PINEDA COVALIN

10120551410 メキシコ旅行でちょっとおしゃれなお土産を買いたい。そんなあなたに贈るテーマです。

メキシコのおみやげというと、真っ先に思い浮かべるのが
民芸品やテキーラなどの酒類ですね。
でもちょっとこ洒落たもので、なおかつメキシコっぽいお土産を
おくりたいというあなたにおすすめなのがこのブランド。
PINEDA COVALIN

この続きは、『メキシコのブランド ~PINEDA COVALIN~』(H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年1月20日 (火)

スペイン情報:アンティークな薬屋さん

B0064411_87642 マドリードの旧市街を散歩していると、アンティークな店構えの薬屋さんをよく見かけます。店先の棚に陶器製の薬壺がずらっと並んでいて、中世からのヨーロッパの薬学の伝統がうかがえます。スペインにはこういった雰囲気のある薬屋さんがまだたくさん残っています。今日は、そんな古風な薬屋さんの中でもバルセロナのとびきり素敵な薬屋さんをご紹介しましょう。

スペインの薬屋さんは、かなりのお店が昔からずーっと薬屋さんだったところが多いようです。
ですから、100年前のままのようなお店があちこちにあります。
そういうお店を見ると、もう入ってみたくてうずうず。 
今日見つけた(って、もとからあるんですが)薬屋さんも、外から見たら、わぁ~入りたい!って思ってしまったお店。

この続きは、『素敵なFarmacia(薬屋さん)』(gyuのバルセロナ便り)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年1月19日 (月)

図書情報:「ラス・カサスへの道」

Lascasas200811 みなさんは、ラス・カサス神父のことをご存じですか。
16世紀スペインの征服者達がラテンアメリカの先住民族に対して行った残虐行為を批判し続けたスペイン人神父です。
今日は、この勇気ある神父の足跡を追った「ラス・カサスへの道 --500年後の〈新世界〉を歩く」の書評をご紹介します。


・・・とはいえ、この本でとりわけ驚かされるのは、そこかしこで発揮される著者の旺盛は批評精神だろう。訪れる先々で過去や現在、歴史や政治、さまざまな社会問題や事件が縦横に語られ、独自の批評が加えられる。キューバではチェ・ゲバラとラス・カサスが対比され、パナマではガルシア・マルケスや松尾芭蕉、あるいは海賊ドレークや征服者ピサロが想起される。過剰なまでに繁茂する思考は、ラス・カサスの言説と同様に挑発的である。

詳しくは、「ラス・カサス」(ラテンアメリカ文学雑記帳――anexo)をご覧ください。


[瓜谷]

|

2009年1月18日 (日)

1 スペインのテレビで人気番組を見ていて困るのが、CMによる中断の長いことです。視聴者のテレビ離れを心配して広告業界が動き出しました。

【1月17日 AFP】スペインの広告業界団体は15日、テレビCMの放送時間を規制するよう政府に要請した。テレビCMは飽和状態に達しており、広告効果が薄れているためだという。

この続きは、『テレビCMが多すぎる!広告団体が苦情 スペイン』(AFP BBNews)をご覧ください。


[瓜谷]

|

2009年1月17日 (土)

メキシコ情報:イダルゴ州への旅

10124724322 今回はイダルゴ州の魅力を紹介する記事をお届けします。

ちょっと前になりますが、HISのスタッフ+αで社員旅行を
してきました。みんなが行った時のない場所に加えて
日帰りでいける場所というのが条件。
そういえばイダルゴ州、最近観光にかなり力をいれている
のか、いたるところでその宣伝をみます。

この続きは、以下の順序でご覧ください。

魅惑のイダルゴ州(HUASCA DEL OCAMPO) その1』(H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~)

魅惑のイダルゴ州(HUASCA DEL OCAMPO) その2』(H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~)

魅惑のイダルゴ州(HUASCA DEL OCAMPO) その3』(H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~)

[瓜谷]

|

2009年1月16日 (金)

スペイン情報:Google Earthでプラド美術館鑑賞

Pradobldg_460x305 Googleのサービスは止まることを知りませんね。今度は、プラド美術館のバーチャル名画鑑賞サービスが開始しました。

デジタル地球儀アプリケーションである「Google Earth」で、新たに建物内部の画像閲覧が可能になった。少なくともその1つとして、新たに追加されたPradoレイヤにより、ユーザーは、スペインのマドリードにあるプラド美術館に展示されている名画のギガピクセル(超高解像度)写真の閲覧が可能である。

この続きは、『「Google Earth」で名画の超高解像度画像の閲覧が可能に』(CNET)をご覧下さい。

そして、もっと具体的にイメージできるように以下の動画もごらんください。これはすごいですよ。
El Prado en Google Earth (http://jp.youtube.com/watch?v=zXos0ZQ3W-M&feature=channel

[瓜谷]

|

2009年1月15日 (木)

メキシコ情報:観覧車の回転速度

1 以前、スペインの移動式遊園地で観覧車を見かけたことがあります。その回転の速さにびっくりしたものですが、もしかしたら世界的には日本の観覧車が例外的にゆっくりなのかもと思ってしまった記事をご紹介します。

よく分からないお化け屋敷(?)に入ってさっそくがっかりした私が、ふて腐れつつ目にしたのは観覧車です。
遊園地の奥の方に立っているのに気が付き、行ってみることにしました。
近付くにつれ、言いようもない気持ちになりました。
移動遊園地なのですから、この観覧車もいつも持ち運びして設置されている訳です。つまり、常設のものと比べると土台が少し危ういのです。

この続きは、『続・メキシコの移動遊園地』(添乗員のゆく地球の旅!)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年1月14日 (水)

スペイン情報:MARCATOONS

1 スペインサッカーファンに絶大な人気を誇るスポーツ紙はMarcaですが、そのインターネット版にとてもおもしろいコーナーMARCATOONSがあることを知りました。この耳寄りな情報を教えてくれたのは、スペイン語学科生の松尾君です。
以下、彼が書いてくれた文章を引用させていただきます。松尾君 ¡Muchas gracias!

**********************************************
この動画はスゴイ!おもしろい!

アニメになったスペインの有名なスポーツ選手が毎回くだらないことを繰り広げてくれます。

フェルナンド・アロンソ(F!ドライバー)の運転するtaxiにアグエロ(サッカー)が乗ってきたり、メッシとエトー(共にサッカー)が雪山登山をしたり・・・・。

でも、これ、よく見るとうまくできた風刺になってるんです。スペインを深く知ればより面白くなること間違いないし!

私のお気に入りはちょっとお茶目な「アグエロ」とマイペースな前サッカースペイン代表監督「アラゴネス」です。

ちなみにページはhttp://www.marca.com/webmarcatoons/portada.htmlです。

ついでにオススメの動画も。

http://app5.marca.com/MarcaToons/VerVideo?codVideo=420(フェルナンド・アロンソ&アグエロ)

http://app5.marca.com/MarcaToons/VerVideo?codVideo=412(メッシ&エトー)

http://app5.marca.com/MarcaToons/VerVideo?codVideo=413(アグエロ)

http://app5.marca.com/MarcaToons/VerVideo?codVideo=323(アラゴネス前監督)


[瓜谷]

|

2009年1月13日 (火)

スペイン情報:そうだ、アルハンブラに行こう!

Al_nishimai2_convert_20090111223707 遙か昔、生まれて初めてアルハンブラ宮殿を訪れたとき、なんて官能的な美しさなのかとため息が出たものでした。
そんなアルハンブラの魅力を伝えてくれる記事を見つけました。

スペインで行ってみたいところはたくさんあるけれど、アルハンブラ宮殿は最も
行ってみたかったところのひとつ。
昨年10月に、その願いがかないました♪
イスラムの技術と叡智の限りを尽くして建設されたこの宮殿は、現存するイスラム
建築の最高峰と言われ、ヨーロッパの他の建築物にはない繊細な美しさを私たちに
見せてくれます。

この続きは、以下の順番でごらんください。

そうだ、アルハンブラへ行こう!(Foodies Cafe)

そうだ、アルハンブラへ行こう!2(Foodies Cafe)

そうだ、アルハンブラへ行こう!3(Foodies Cafe)

[瓜谷]

|

2009年1月12日 (月)

図書情報:『百年の孤独』

51dp351dt4l_sl500_aa240_ 『百年の孤独』Cien Años de Soledadは、コロンビアが誇るノーベル文学賞受賞作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの代表作です。世界各国でベストセラーになり、ラテンアメリカ文学ブームを巻き起こした作品です。しかし、名前は聞いたことがあるけど、読んだことはないという人が大部分ではないでしょうか。

いい書評は、ぜひその本を読んでみたいと人に思わせるものです。今日紹介する書評を読むと、きっとあなたもこの偉大な作品を読んでみたくなりますよ。

面白い批評を読むと、自分でも批評を書いてみたくなるから不思議である。
というわけで、ストレートに自分の一番好きな小説の一つである「百年の孤独」について書いてみた。

この続きは、『「百年の孤独」の書評』(ハックルベリーに会いに行く)をご覧下さい。

百年の孤独(Amazonの書籍情報)はこちらです。

[瓜谷]

|

2009年1月11日 (日)

スペイン情報:雪に覆われたマドリード

1 今ヨーロッパは記録的な寒波で寒い日々が続いています。マドリードの冬は寒いですが、雪が降ることはあまりありません。

しかし、この寒さで、ついにマドリードも雪景色となったそうです。

雪に覆われたマドリードの様子を動画ニュースでご覧ください。思いがけない雪景色に、みんなうれしそうですね。

http://www.20minutos.tv/index.php?v=FeDnCuvHes

[瓜谷]

|

2009年1月10日 (土)

メキシコ情報:過激すぎる火遊び

Dba1e752 メキシコ発のトンデモ映像です。

火薬をくくりつけたハンマーを地面に打ちつけて爆発させるという、クレイジーなお祭り?が、メキシコにはあるようです。
人が吹っ飛ぶほどの爆発の勢いをご覧ください。

続きは『ハンマーで火薬をぶっ叩く…過激すぎるメキシコの爆弾祭り「メガボンバー」(動画)』(らばQ)をご覧ください。

[瓜谷]

|

2009年1月 9日 (金)

スペイン情報:REBAJAS シーズン到来

10024601819_s スペインではクリスマスが終わるとバーゲン(REBAJAS)シーズンが始まります。

この時期にスペインへ来る人はお買い物も忘れてはいけませんDASH!
円高、ユーロ安なのも本当に嬉しいですねぇ音譜
MANGO、ZARA、CAMPER、BLANCOなど、スペインの人気
ブランドも一斉にバーゲン始りましたよ。

続きは『バーゲン始まりました!!』(H.I.S.マドリッド支店☆スペイン耳より情報♪)をご覧ください。

つぎに、バーゲン開始の様子の動画ニュースもご覧ください。
福袋を買いに一斉に走る日本の光景さながらです。人間の心理は万国共通ですね。

La locura de las rebajas(rtve.es)


[瓜谷]

|

2009年1月 8日 (木)

留学アドバイス:個人留学を考えている人に

スペイン語圏留学を計画している人へのアドバイス記事を見つけたのでご紹介します。

NPO法人として、スペインの文化普及という現在の仕事をしている中で、時々留学についての相談が来ることがあります。
私自身もスペインに1年間滞在していましたし、スタッフの多くも1年以上スペインに滞在していた経験があります。
そういった中で、スペインへの留学相談に応じる訳ですが、最近気になることがあります。

続きは「『留学について』」(NPO法人スペイン文化交流センターサラマンカのブログ)をご覧ください。

続編は、『留学について2』(NPO法人スペイン文化交流センターサラマンカのブログ)

その続編が、『留学について3』(NPO法人スペイン文化交流センターサラマンカのブログ)です。


[瓜谷]

|

2009年1月 7日 (水)

スペイン情報:Reyes Magos(東方三賢人) の祝日

Cabalgatathumb スペインの長いクリスマスシーズンNavidadの終わりを告げる日が1月6日Reyes Magos(東方三賢人)の祝日です。今年もスペイン各地で盛大に祝われました。

1月6日の朝は、子供たちの興奮で包まれます。Reyes Magosからのプレゼントがどっさりおいてあるからです。おもちゃなどはもちろんのこと、学校に来て行く服や靴などもおいてある家もあるそうです。クリスマスプレゼントを持ってきてくれるのは、世界的にはサンタクロースが有名ですが、スペインでは1月5日の夜にこれらReyes Magosが持ってきてくれると信じられています。

続きは「Reyes Magos(東方三賢人)がやってきた!」(スペインコラム)をご覧ください。

昨日のBarcelonaの東方三賢人)の祝日の様子も、「本場バルセロナのReyes Magos=東方の三賢王のパレード」(バルセロナ建築漫遊記)でご覧ください。

[瓜谷]

|

2009年1月 6日 (火)

スペイン情報:穴場MACBAのカフェレストラン

B0064411_655551 昨年の夏のサラマンカの定食の平均は12ユーロぐらいだったと思うのですが、バルセロナにはこんな穴場があったのですね。
安いだけでなく、雰囲気が素敵なのも魅力ですね。

入ってみると、受付になっていて、カウンターがありました。その奥にはこんなスペースが
カフェみたいじゃありませんか。歩き疲れていたので、早速入って、やってきた黒い服のお兄さんにコーヒーを頼みました。
コーヒーを持ってくると、そのお兄さんはテーブルに赤いマットを敷き始めます。
「ここでお昼も食べられるんですか?」
「ええ、お昼のメニュー定食は、6ユーロと9ユーロとあって・・・」
「じゃ、6ユーロのをお願いします」

続きは「MACBAのカフェレストラン」(gyuのバルセロナ便り)をご覧ください。

[瓜谷]

|

2009年1月 5日 (月)

メキシコ情報:これってシムシティの実写映像?

086b2195s シムシティもびっくりするような整備された都市がメキシコのあったのですね。

平安京のようにきっちり碁盤の目のような美しく合理的な街並みには憧れますね。
しかし世界は広いもので、メキシコのネツァワルコトヨルという都市は平安京というより、シムシティのようなことになっていたので紹介します。

続きは、「メキシコの平安京、巨大な格子状の都市ネツァワルコトヨルはまるでシムシティ」(らばQ)をご覧ください。

[瓜谷]

|

2009年1月 4日 (日)

スペイン情報:ネットでどんどんテレビドラマ無料公開

1 スペインのTVドラマ・ファンのみなさん、朗報です。

スペインテレビのネット進出は今すごいことになっています。

以前、TVE a la carta の紹介記事でスペインのTVEの番組がネットで無料公開されていることをお伝えしたのを覚えていますか。
いつの間にか、スペインの主要チャンネルはどこも自局制作番組のほとんどをネット公開してしまいました。

スペインでは、日本よりもずっと早く、「いつでも好きな時間に好きな番組を見ることができる」時代に突入してしまったわけです。本当にすごい世の中になったものです。

そこで、スペイン語のリスニング教材としておすすめしたいのが各局のTVドラマシリーズです。

最初はわからなくても、見続けているうちに少しずつ人間関係や話の流れがわかりだすでしょう。想像力が働くようになると、不思議なものでせりふもだんだん聞き取れるようになるものです。そのうちにはまりだし、気がつくと、やみつきというパターンになるわけです。

TVドラマには一般大衆の嗜好や社会状況が反映するので、スペイン社会ウォッチングにもたいへん役立ちます。語学と文化を同時に学べる最高の生きた教材と言えるでしょう。シリーズの第一話から順番に見ることをおすすめします。

たとえば、以下のドラマ等が人気が高く、おすすめです。

Cuéntame
http://www.rtve.es/television/cuentame/videosdecima/index.shtml

AIDA
http://mitele.telecinco.es/buscador/index.shtml?categoryUID=TE_AIDA

Los Serrano
http://mitele.telecinco.es/buscador/index.shtml?categoryUID=TE_LOSSER

このほかにも面白いドラマはたくさんありますから、自分で探してみてください。

ご参考までに各局のネット公開番組情報を載せておきます。

TVE:
http://www.rtve.es/alacarta/index.html

Telecinco:
http://www.telecinco.es/indiceSite/indiceSite6.shtml

Antena 3:
http://www.antena3videos.com/

cuatro:
http://www.cuatro.com/videos/

LaSexta:
http://www.misexta.tv/home


[瓜谷]

|

2009年1月 3日 (土)

メキシコ情報:空港に住み込んだ例の日本人のその後

3642618 今日は、このブログで取り上げた記事「空港に住みついた日本人」の後日談です。なんだかまだ続きがありそうですね。(笑)

【12月30日 AFP】(写真追加)メキシコの空の玄関、メキシコ市(フアレス)国際空港(Benito Juarez International Airport)に3か月以上にわたって住み込んでいた日本人旅行者の男性が、夜は空港のフロアで眠り、食事は空港内の高級レストランで取り、一躍「人気者」となった後に女性と一緒にタクシーに乗ってこつ然と消えて話題を集めている。

この続きは、『謎の日本人旅行者、空港に住み込み人気者に メキシコ』(AFP BBNews)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年1月 2日 (金)

メキシコ情報:メキシコシティー観光

10121190980_s メキシコシティーには見所がいっぱいです。今日は、メキシコの首都を初めて訪れた人の体験記をご紹介しましょう。

Primera Plus社のバスにてケレタロからメキシコシティーへ2.5Hで移動(146ペソ)した。
さすがメキシコの首都だけあって、巨大都市であり、長距離バスステーションも東西南北の4箇所にある。右も左もよくわからないが、とりあえずどこの町でも中心となるソカロをめざしてみた。

この続きは、『メキシコシティー①メキシコの首都』(はるばんびーののブログ)をご覧下さい。  

さらにその続きは、『メキシコシティ②観光ポイント』(はるばんびーののブログ)です。


[瓜谷]

|

2009年1月 1日 (木)

Feliz Año Nuevo 2009

1 あけましておめでとうございます。いよいよ2009年の幕開けです。

今年最初にご紹介するブログ記事は、いつも陽気なEscucha japonésさんの新年のご挨拶です。

Antes de nochevieja
良いお年を!
よい おとしを!
Yoi o-toshi o!
¡(Que tengas un) feliz año!

この続きとビデオ映像は、¡Feliz año nuevo!(Escucha japonés) をご覧ください。  

[瓜谷]

|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »