« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

スペイン情報:サルコジ大統領夫妻のスペイン訪問

B0146907_11363877jpg スペインのサパテロ首相を「あまり賢くないかも」と発言し、問題になったサルコジ・フランス大統領が元スーパーモデルのカーラ夫人を伴ってスペインを訪問すると・・・

・・・・そう、フランスのサルコジ大統領とその嫁、今じゃぁすっかりフランスのファーストレディにのし上ったなったカルラ (カーラ)・ブルーニ。
サルコジの訪問と言うよりは、カルラ (カーラ) の訪問にサルコジがくっついて来た!って感じで報道されつつもある。何かと話題になる夫妻だからねえ。
やっぱりワイドショーネタは嫁の衣装。イギリス訪問時はかなり地味だったカルラ。今回はスペインってこともあってちょっと崩した感じかな?

この続きは、『Puede que no sea muy inteligente 』(Days of Being Wild in MADRIZ)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年4月29日 (水)

スペイン情報:セビリアの「春祭り」スタート

1 スペイン三大祭りと言えば、バレンシアの「サン・ホセの火祭り」、パンプローナの「サン・フェルミン祭(牛追い祭)、そして、セビリアの「春祭り」。今年も、その「春祭り」が昨日よりスタートしました

・・・・例年、「聖週間」が終了し一段落付いた時期に開催されますが、聖週間が厳かな宗教祭であるのに対し、春祭りは純粋に庶民の祭りです。 150年程前からセビーヤで大規模に開かれていた牧畜市に端を発します。

この続きは、『セビーヤの春祭り (FERIA DE ABRIL) 』(スペイン政府観光局)をご覧下さい。

今年の春祭りのイルミネーション点灯の動画は以下のリンクからどうぞ。
El 'alumbrao' inaugura la Feria de Abril (20minutos)

[瓜谷]

|

2009年4月28日 (火)

スペイン情報:「神経衰弱ぎりぎりの女たち」を米TVシリーズ化!

Almodovarjpg アルモドバル監督の「神経衰弱ぎりぎりの女たち」は、個人的に好きな作品の一つだったのでびっくり。

ティノコ先生の授業ても使われているので、スペイン語学科生のあなたもご存じでは?

なんとアルモドバル監督自身が、この「神経衰弱ぎりぎりの女たち」を米FOXネットワークにてTVシリーズ化し、そのプロデュースを務めるのだそうです。

これって、「デスパレートな妻たち」と直接対決ですか。今後の展開が楽しみですね。

・・・・アルモドバル監督・脚本によるカルメン・マウラやアントニオ・バンデラス主演のオリジナル映画「神経衰弱ぎりぎりの女たち」は、スペイン・マドリードを舞台に、恋人に捨てられた声優の女性など、恋に悩む女性たちの心理のあやを風刺たっぷりに映し出したブラックコメディで、世界的にヒットしたベネチア国際映画祭脚本賞受賞作。

この続きは、『アルモドバル監督が「神経衰弱ぎりぎりの女たち」を米TVシリーズ化』(eiga.com)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年4月27日 (月)

スペイン情報:サグラダファミリアとグエル公園

B0146907_1121870jpg バルセロナ観光の定番と言えばなんと言ってもガウディのサグラダファミリアとグエル公園。

何度でも足を運びたくなる魅力に溢れた場所ですね。


ガウディで世界一有名なのはやっぱりこちらでしょうか↓。
サグラダ・ファミリア La Sagrada Familia
正式名称は El Templo Expiatorio de la Sagrada Familia
19世紀後半に建設スタートして、未だにこつこつと作業は続く。一生終わらないんじゃないかとも言われていますが、確か去年か一昨年のTVのニュースでは、35年後くらいには終了するって言っていたっけ(本当かしらん?)。

この続きは、『Barcelona vol.4』(Days of Being Wild in MADRIZ)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年4月26日 (日)

メキシコ情報:豚インフルエンザ発生

Infrujpg ご存じのように、メキシコ発の気がかりなニュースが世界を震撼させています。

 WHOが専門家緊急委開催された結果は、「状況は深刻」「大流行の潜在的な可能性がある」とのことです。ただ、「大流行になると判断するには時期尚早」とも述べられています。

日本で報道されていることはみなさんご存じでしょうから、メキシコ在住の人たちの現地での受け止められ方をご紹介します。

いまメキシコシティではインフルエンザの話題でもちきり。
ガセかと思ってたらどうやら深刻なようで、
20人の死亡が確認され、1000人の感染者が居るらしいとのこと。
地下鉄などの公共交通機関ではマスク配布中だそうです。
昨日テピートに行ったら屋台で働いている人々が
みんなマスクしていてビビりました。

この続きは、『豚インフルエンザ』(名代☆日々是メキシコ)をご覧下さい。

--------------
覚えておきたい関連スペイン語表現 

la gripe porcina 豚インフルエンザ
contagiarse 感染する
el virus ビールス
la vacuna ワクチン
ponerse la mascarilla マスクする

[瓜谷]

|

2009年4月25日 (土)

メキシコ情報:メキシコシティの断水宣言

メキシコシティでは、聖週間Semana Santaの時期に4日間にもわたる断水宣言が発令されたそうです。なんでもメキシコシティの水源である湖が枯渇の危機にさらされているそうです。
水道が止まる生活ってどれほど不自由なことでしょう。

・・・・今回は深刻ということで
計画的断水がおこなわれ、(しかも市民に告知したは断水の4日前!!!)
その断水地域リストには、ばっちり私が住む地区も含まれていたんで、
うちでは大量に水をためて、水危機に挑みました。
2、3日風呂に入れないのは我慢できるけど、・・・

この続きは、『断水宣言をしながら人工の海を開こうとするシュールな市長』(名代☆日々是メキシコ)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年4月24日 (金)

スペイン情報:サンジョルディの日

Santjordi_orochijpg 昨日の4月23日はサンジョルディの日でした。

日本でサンジョルディの日と言うと「本の日」として有名ですが、
もともとはスペイン・カタルーニャ地方のサン・ジョルディ伝説に由来しています。
今日は、そこに出てくるドラゴンとを日本神話の竜ヤマタノオロチと比較したおもしろい記事をご紹介しましょう。

4月23日はサンジョルディの日です。キリスト教の聖人であり、全ヨーロッパに影響を与える神話の主人公でもある。(中略)
しかし、もっとも重要なのはサンジョルディがドラゴンを倒す神話である。
この神話は日本とどういう関係があるのでしょうか?実は日本にもこれに似た神話があります。二つを比較してみましょう。

この続きは、『サンジョルディ対ヤマタノオロチ』(pepino)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年4月23日 (木)

メキシコ情報:市場でグルメ

O0399022510169437660jpg_2 築地市場の魅力は、新鮮な食材を食べさせてくれるお店が揃っていることですが、メキシコの巨大市場のCentral de Abastoにも同じような魅力があるそうです。

やはり、市場に来て気になるのは、市場グルメ。
(中略)
築地のように、数々の、プロ御用達のレストラン、
定食屋が軒を連ねている中で、選らぶ基準はやはり
『混んでいるかどうか』

この続きは、『市場グルメ ~Central de Abasto~』(H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年4月22日 (水)

スペイン情報:さっそうと歩く女性達

Barcelona1sjpg 背筋を伸ばし、さっそうと歩くスペイン人の女性達の姿を見たことがありますか。
いるんですよね、スペインにはそういうタイプの女性達。きっと同性の目にも相当かっこよく映るんでしょうね。

******そんな格好をしても、ちっともいやらしさがないのはなぜ?
安そうで、シンプル極まりない服装でも、華があるのはなぜ?
歩き方のせいでしょうか。背筋が伸びているせいでしょうか。颯爽としていて、カッコイイ。

詳しくは、『【スペイン街歩き】ゴシック地区お散歩』(ひつじのメイのスペイン・バルセロナ留学絵日記)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年4月21日 (火)

メキシコ情報:フリーダ・カーロのお宝映像

1 みなさん、フリーダ・カーロやディエゴ・リベラの写真はよくご存じかと思いますが、実写映像は見たことありますか。

・・・・・さて、相変わらずメキシコのガイコツや死者の日も大好きなのですが、
最近は忙しくてガイコツのお店にも行けず、悲しい思いをしています。
そこで久しぶりにネットで探して見つけたのが、こちらのサイト
Viva Frida!and the Sacred Brushes Prohect です。
Sally Ann Rodoriguezさん・Rachel-Anne Palaciosさん・Maria Sanchezさんの3名で創作した
『フリーダ・カーロへオマージュを捧げた死者の日祭壇』が公開されています。

この続きは、『フリーダ・カーロ版 死者の日の祭壇』(Desa Kala Patra)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年4月20日 (月)

スペイン語でダイエットについて話せますか?

みなさんはダイエットしていますか。スペイン語でダイエットに関する表現はいろいろあります。

・・・・・ということで、本日は、「ダイエット」に該当するスペイン語です。
 昔、メキシコに住んでいた頃、あるTV番組のドラマで、女性が別の女性に、
 ¿Sigues tu dieta? (ダイエット、続けてる?)
と、尋ねる台詞がありました。

この続きは、『スペイン語いろいろ(その41)』(ラテンなおやじのぐうたらニカラグア生活)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年4月19日 (日)

スペイン情報:ガウディとmodernismo

B0146907_0485455jpg バルセロナに行くとだれもが一度は見たいと思うのが、モデルニスモの建築群です。

・・・・バルセロナはアール・ヌーヴォーの街でもある。
アール・ヌーヴォー (Art Nouveau) はフランス語だから、もちろんスペインでは誰もアール・ヌーヴォーとは呼ばない。スペイン語だと、Arte Nuevo (あるて・ぬえぼ:新しい芸術)。
でも一般的には modernismo (もでるにすも:英語で言うモダニズム)の表現がよく使われる。
・・・・バルセロナのモデルニスと言えば…アントニ・ガウディ (Antoni Gaudí)。彼の建築物を見れば、その独特さは分かるね。

この続きは、『Barcelona vol.3』(Days of Being Wild in MADRIZ )をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年4月18日 (土)

メキシコ情報:ナヤリへの旅

O0307023010166742829jpg 日本のガイドブックにもほとんど載っていないという魅惑の土地のご紹介です。

・・・・今回の旅行の目的は、メスカルティタン島(ISLA DE
MEXCALTITAN)へ行くのが目的でしたが、それ以外の
ナヤリの素晴らしさに心から魅せられた旅となりました。

そんなナヤリの素晴らしさを少しでも紹介できればと思います。

今回の記事は三部作です。次の順番でご覧ください。

ナヤリ紀行 その1(HISメキシコ支店ブログ)

ナヤリ紀行 その2 ~Isla de Mexcaltitan~(HISメキシコ支店ブログ)

ナヤリ紀行 その3 ~食~(HISメキシコ支店ブログ)

[瓜谷]

|

2009年4月17日 (金)

スペイン語とアラビア語

Spain06_1sjpg スペイン語にはアラビア語起源の単語がたくさんありますが、どんなものがあるかご存じですか。

さて、今日は、アラブ人がスペイン語を勉強すると何が起こるかという興味深い記事をご紹介します。

・・・・さて、ではそのスペイン語を学ぶにあたってアラブ人やアラビア語話者は有利か。たしかにアラビスモ単語は覚えやすいし、意味を推測しやすい。たとえばテレビのニュースを見ていて

この続きは、『カリーマのスペイン超短期語学留学記』(白水社)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年4月16日 (木)

メキシコ情報:レストランVilla Maria

O0384028810163883007jpg メキシコに行ってこんなレストランに連れて行ってもらったら、幸せな気分に浸れるでしょうね。

日本からトモダチや家族が来てくれたとき
『やっぱりメキシコ料理を食べてもらいたい』
そんな思いで連れて行くのはたいがいこの店
Villa Maria ~ヴィジャ・マリア~

この続きは、『メキシコ料理 Villa Maria ~ヴィジャ・マリア~』(H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年4月15日 (水)

スペイン情報:日本のマンガをスペイン語に訳すと?

Nodamejpg スペイン語図書専門店のインタースペインさんが日本のマンガのスペイン語版を入荷したそうです。日本の風俗や習慣がどう訳されているか興味はありませんか。

毎回、ご好評いただいている日本のマンガ、スペイン語版が入荷してまいりました!・・・検品していて思ったのは、翻訳をする方のマメさです。ただフキダシの中のセリフを訳してあるだけでなく、看板や擬音までスペイン語に置き換えてあります。

この続きは、『日本のマンガのスペイン語版入荷しました』(インタースペイン)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年4月14日 (火)

スペイン情報:聖週間に食べるお菓子は?

B0146907_7521418jpg スペインで聖週間(semana santa)につきもののお菓子と言ったら何でしょうか。

セマナ・サンタのバカンスも今日で終わり。振り返ってみると大半は寝込んでいただけでなーんにもしなかった。
すっかり休みボケになってしまって、明日から社会復帰できるのだろうか…?
さてさて、今日はスペインのお菓子について。
スペインに限らず、きっとどこの国にも冠婚葬祭の時に食べるお菓子ってのはあると思う。
セマナ・サンタ、つまりイースターの時期に登場するスペインのお菓子はイースター・エッグではない。

この続きは、『Torrijas』(Days of Being Wild in MADRIZ)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年4月13日 (月)

南米情報:コカの葉

コカの葉はコカインの原料ですが、化学物質を使って生成されないとコカインにはなりません。ペルーやボリビアでは、これを生成しないで日常一般的にお茶として飲まれています。

この場合、麻薬という意識はなく、高山病などにも効果のあるハーブティーとみなされています。コカ・コーラも以前はコカを原材料に使っていたからこの名称がついたそうです。

日本の法律では麻薬扱いですが、現地では体によいお茶の一種という意識のずれからか、こんな問題が起きてしまいました。

朝日放送(大阪市福島区)の番組内で、麻薬に指定されているコカの葉を出演者がかむ場面が放送され、近畿厚生局麻薬取締部が麻薬特例法に抵触する恐れがあるとして、同社を口頭注意していたことが10日、分かった。麻取部が明らかにした。

この続きは、『朝日放送の番組でコカの葉かむ  近畿厚生局が口頭注意』(47ニュース)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年4月12日 (日)

スペイン情報:パティオ

B0146907_13344372jpg パティオ(中庭)というとオシャレなイメージがあるかもしれませんが、実は二種類あります。
日本人が普通にイメージするアンダルシア風中庭と、もうひとつは全国どこにもあるふつうのマンションの中にあるそれです。具体的にはつぎの記事をごらんください。

これは、アンダルシア地方のコルドバで撮った写真。9月だったかな。個人的には、こーんな緑あふれたパティオが大好き。
コルドバには「パティオ祭り」なんてのがあるくらいだからね。お花いっぱいのパティオ。誰でも、一度は見たことがあるはずだ。ガイドブックとかによく載っていますね。ちなみに、祭りは5月。いつか、行ってみたいわぁ。

この続きは、『Patio』(Days of Being Wild in MADRIZ)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年4月11日 (土)

ペルー情報:フジモリ元大統領 虐殺で禁固25年判決 

171304_c185jpg ペルー日本大使館人質事件で、特殊部隊による強行突入をもって解決したあのフジモリ元大統領。長かった裁判ですが、ついに判決が出ました。

・・・・「人道に反する犯罪だ。責任は重い」。約3時間にわたる言い渡しを通じ、セサール・サンマルティン裁判長はフジモリ被告の罪を厳しく指弾した。

この続きは、『Alberto Fujimoriペルー元大統領(70) 虐殺で禁固25年判決 「人道に反する犯罪」』(MSN産経ニュース)をご覧下さい。

----------
覚えておきたい関連スペイン語表現 

Fujimori fue sentenciado a 25 años de prisión 禁固25年の判決が言い渡された

[瓜谷]

|

2009年4月10日 (金)

キューバ情報:カストロ前議長、国交正常化に前向き

1 健康を心配されていたカストロ前議長が公の場に姿を現しました。
ついにキューバとアメリカの間の長年にわたる不自然な関係に終止符が打たれるのでしょうか。

・・・・アメリカの議会関係者らと首都ハバナで会談した前議長は非常に健康的で、精力的に応対したということです。
 そしてこの際、カストロ前議長はアメリカとキューバが国交正常化へ向かうためには「オバマ大統領をどのように助けることができるか」と議員らに尋ねるなど、国交正常化に向け前向きな姿勢を示したということです。

この続きと動画ニュースは、『カストロ前議長、国交正常化に前向き』(TBE newsi)をご覧下さい。

------------------
覚えておきたい関連スペイン語表現 

normalización diplomática 国交正常化

[瓜谷]

|

2009年4月 9日 (木)

スペイン情報:聖週間

B0146907_11503986jpg さて、今年も春のバカンスシーズン、Semana Santa(聖週間)がやってきました。

セマナ・サンタとは何ぞや?簡単に言うとキリストが死んでから復活するまでの聖なる1週間ですね。英語で言うホリー・ウィーク。
キリストは木曜日に死んで、3日後の日曜日 (Pascua:ぱすくわ、英語だとイースターですね) に復活したとされるから、スペインでの公式な祭日は木曜日・金曜日ですが、月曜日から丸々1週間を連休にする人は多いです。
私は職場がお休みだから月曜日から胸を張ってのバカンス♪

この続きは、『Semana Santa』(Days of Being Wild in MADRIZ)をご覧下さい。

--------------
覚えておきたい関連スペイン語表現

la procesión 聖週間の行列
el paso 聖週間の山車

[瓜谷]

|

2009年4月 7日 (火)

メキシコ情報:麻薬密貿易問題の背景

2519341559995c9357537b17b306ff37jp 麻薬密貿易問題の闇はとても深く、アメリカとメキシコ両国の苦悩はいつまで続くのでしょうか。

アメリカとメキシコの国境が緊迫感を増している。原因は麻薬密貿易にかかわる犯罪と腐敗の増加にある。その一端は、このブログでも度々とりあげてきた。アメリカ・メキシコ国境の実態は日本ではあまり知られていない。10年余り前、日米共同でカリフォルニア南部の移民労働者調査をした当時、すでに麻薬、銃砲などの密貿易が問題化していたが、今日伝えられるほどひどくはなかった。事態は急速に悪化したようだ。

この続きは、『麻薬で壊れるメキシコとアメリカ』(時空を超えて Beyond Time and Space)をご覧下さい。

--------------
覚えておきたい関連スペイン語表現 

el tráfico de drogas 麻薬密貿易
la frontera 国境

[瓜谷]

|

2009年4月 6日 (月)

メキシコ情報:グアダラハラ紀行

10134399916jpg 今日は、メキシコで「西部の真珠」と呼ばれている美しい観光都市のグアダラハラの初回記事を取り上げてみましょう。

・・・メキシコシティやカンクンがあるユカタン半島、
シルバーで栄えたメキシコ中央高原のコロニアル都市、古代文明の遺跡、
様々な都市のいろいろな見所の影に隠れがちですが、
ここグアダラハラも実はメキシコ有数の観光地のひとつです
まず最初にご紹介するのは、カテドラル(大聖堂)

この続きは、『グアダラハラ紀行 第1回 カテドラル』(H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~)をご覧下さい。

続きの「グアダラハラ紀行 第2回 ハリスコ州庁舎」はこちらです。

[瓜谷]

|

2009年4月 5日 (日)

スペイン情報:世界で最も美しい女性政治家投票

801640_160pxjpg 日本でもあちこちで話題になっているのでもうご存じですよね。

スペイン紙「20ミヌートス」のウェブサイトで「世界で最も美しい女性政治家」を選ぶネット投票がおこなわれており、青森県八戸市議の藤川ゆりさんが現時点でトップを独走中だ。

この続きは、『美人すぎる藤川議員が世界で最も美しい女性政治家投票トップ独走中』(未来検索ガジェット通信)をご覧下さい。

そして、本家本元の20minutos の投票ページは以下のリンクです。あなたも投票できますよ。
ちなみに、つぎの企画は「世界一のイケメン政治家はだれ」だそうです。こちらも盛り上がるかな。
http://listas.20minutos.es/?do=show&id=66425&c=1233508233
--------------
覚えておきたい関連スペイン語表現

¿Quién es la política más linda del mundo? 世界でもっとも美しい政治家はだれ?
votar 投票する

[瓜谷]

|

2009年4月 4日 (土)

スペイン情報:Joaquin Sorolla

B0064411_1522096jpg みなさんはJoaquin Sorollaという画家をご存じですか。バレンシアの陽光で人々を描く印象派の作品で知られています。マドリードには彼の元アトリエが美術館になっていて、観光客も少ない穴場として、私お気に入り場所の一つになっています。そのJoaquin Sorollaの個展がバルセロナで開催されたそうです。

MNAC(カタルーニャ美術館)でSorolla展をやっているのを新聞で見ていましたから行きたくて行きたくて。
ようやっと腰がよくなりかけたので、行ってきました。・・・・・
チケット売り場に行ったら、
「無料です」
びっくりしました。
おまけに、ポスターも山積みになっていて、好きにもらって来られるのです。ポスターは「マグロ漁」です。

この続きは、『Joaquin Sorollaを見にMNACへ』(gyuのバルセロナ便り
)をご覧下さい。

[瓜谷]

|

2009年4月 3日 (金)

スペイン情報:サッカーなんて大嫌い?

スペイン人がみんなサッカー好きなわけではありません。とくに女性にアンチサッカー派が少なくありません。それは、夫や彼氏がサッカーに夢中になりすぎて、自分のことをちっとも大切にしてくれないと思っている女性が少なくないからです。
そんな女心をうたった歌が大ヒットしているそうです。

・・・・それが歌になっちゃったりで今大ヒット中。
今スペインのラジオでフルに流れていて聞かない日はない。
主人公の女の子は彼氏が日曜日の午後(つまり、リーガ・エスパニョーラの試合が行われる時間)に相手にしてくれない!と切実です。

この続きは、『サッカーが大嫌いと歌うスペインではやっている曲』(¡ ビバ・スペイン☆ビバ・マドリード生活!)をご覧下さい。

-------------
覚えておきたい関連スペイン語表現 

Mi novio no me hace caso. 彼氏ちっともかまってくれないの。

[瓜谷]

|

2009年4月 2日 (木)

メキシコ情報:メキシコでは戦わねばならぬのです

確かに外国では、うかうかしているとびっくりするような扱いを受けて、泣き寝入りなんてことも少なくありません。必然的に戦わなければならない場面も日本よりも多いと思いますが、むずかしいのは、どう戦うかです。

あーあ。 
ムカつくことが二つ。
●クリーニング屋でスーツ無くされた。 
帰ってきたときに、間違ったズボンを渡され、ジャケットが足りず、しかも、コムサで買った3万のジャケットの表側にホッチキスが5本もまとめて止められていて、がっつり穴が開いてしまいました。

この続きは、『メキシコでは戦わねばならぬのです』(情熱のスペイン語留学)をご覧下さい。

-------------
覚えておきたい関連スペイン語表現 

¡Me han engañado! だまされた!
¡Qué caradura! なんてずうずうしい!

[瓜谷]

|

2009年4月 1日 (水)

コロンビア情報:外国人に人気「麻薬王ツアー」

コロンビアの麻薬王のパブロ・エスコバルの生涯は、普通の日本人の想像を遙かに超えるようなすさまじさでしたが、その影響力は彼の死後の今でも変わらないようです。

 コロンビアの麻薬王として知られるパブロ・エスコバル・ガビリアが亡くなってから、今年で15年。彼が生まれた同国北西部の街メデジンでは、彼の足跡を訪ねる「麻薬王ツアー」が盛況だ。参加者は主に、欧米などからやってきた外国人観光客。エスコバルが生まれた場所(残念ながら生家は取り壊され、現在は別の家が建っている)や、ライバルマフィアとの抗争が・・・

この続きは、『コロンビアで外国人に人気「麻薬王ツアー」って何?』(OURRiER Japon + hitomedia)をご覧下さい。

-------------
覚えておきたい関連スペイン語表現 
la droga 麻薬
el crimen 犯罪
el asesinato 殺人
el asesino 殺人者・暗殺者
el blanqueo de dinero negro 資金洗浄

[瓜谷]

|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »