« メキシコ情報:「スリラー」でギネス挑戦 | トップページ | ペルー情報:知られざるペルーの魅力とは? »

2009年9月 2日 (水)

スペイン情報:テラスハウス(chalet adosado)の住み心地

F0187000_5504021 スペイン都市の住宅は、日本のマンションに相当する高層建築(piso)ですが、都市の回りには、一戸建ての建て売り住宅地が広がっています。このような一戸建ての住宅はchaletと呼ばれています。最近は、二軒が壁でつながっているテラスハウスタイプchalet adosadoが主流を占めているようです。ちょっとオシャレで広いものが多く、スペインでも人気があります。

さて、そんなテラスハウスの住み心地って実際の所どうなんでしょうか。今日は、スペインのテラスハウスに住んでいる日本人の体験談をご紹介しましょう。

・・・・こんな諸々の条件をすべてクリアしたのが今住んでいるテラスハウス(長屋)で、犬はもちろんOKだし、その犬にうれしい庭付きだし、人間2人に対して部屋数だけはやたらにあり、そして予算もピッタリ。

続きは、『テラスハウス生活事情』(探検 Espana)をご覧ください。

スペインの典型的なテラスハウスがどのようなものかイメージしやすいように、不動産屋の物件紹介の映像も載せておきます。

瓜谷

|

« メキシコ情報:「スリラー」でギネス挑戦 | トップページ | ペルー情報:知られざるペルーの魅力とは? »

文化情報」カテゴリの記事