« スペイン事情:スペイン人と議論になると | トップページ | スペイン情報:La Noche en Blanco »

2009年9月22日 (火)

スペイン情報:イホ・デ・プタ(hijo de puta)

この表現、聞いたことのある人も少なくないと思います。
英語のson of a bitchにあたる、かなり下品な侮辱言葉です。

家族主義の非常に強いスペイン社会では、相手の母親のモラルを疑うようなことは最大の侮辱です。だからこの表現は、もともとは最大級の侮辱表現なのです。

しかし、日常生活でも、映画でも、あまりにもよく使われるため、インパクトが弱まってきているのかもしれません。

今では、怒ったときに、相手に向かって言う一番ポピュラーな表現になってしまったようです。そんな背景から、こんな事件まで起きてしまいました。

【9月20日 AFP】職場で上司を「イホ・デ・プタ(hijo de puta=son of a bitch)」と呼んだ従業員が解雇された件を審理していたスペイン・カタルーニャ(Catalan)自治州の労働審判所は、「この言葉は日常的によく使われる言葉」で解雇理由にできないとして会社側に、この社員を職場復帰させ6500ユーロ(約87万円)の賠償金を支払うよう命じた。16日の現地紙エル・ムンド(El Mundo)紙が報じた。

続きは、『「上司ののしって解雇」は無効、スペイン』(AFP BB)をご覧ください。

最後に、実にスペイン的なジョーク番組の映像をごらんください。
気が弱くて抗議できない人を強い人間に改造する通信講座「ccc. hijos de puta.」の宣伝です。スペインでの生活体験の長い人なら大うけでは?

瓜谷

|

« スペイン事情:スペイン人と議論になると | トップページ | スペイン情報:La Noche en Blanco »

文化情報」カテゴリの記事