« ブログ更新中断のお知らせ | トップページ | エルサルバドル情報:ドキュメンタリー監督の殺害事件 »

2009年9月11日 (金)

スペイン情報:夏休みが終わると、新学年スタート

Librosthumb 修理に出していたパソコンが戻ってきたので、やっとブログ更新の再開にこぎつけることができました。

スペインの学校の一学年は6月中旬に終了し、長い夏休みの後のちょうど今頃の9月、新学年度が全国一斉にスタートします。この時期、デパートやスーパーでは毎年新学年入学準備商戦が繰り広げられます。そのときの目玉商品の一つがなんと教科書なのです。なぜ、そんなことになっているかと言うと、

・・・・新学年で一番重要な買い物は、教科書です。教科書は学校でもらうものというのが当たり前の日本からスペインに来たばかりのときは本当に驚いたものです。毎年6月に学年が終了するころ、次年度に使う教科書の出版社と本の名前が貼り出されるので、それを書き写し(子供たちが通っていた公立の小学校ではそれらが書かれたプリントが配布されるということは全くありませんでした)、親が買い揃えるのです。それで、スーパーマーケット内にこのような教科書コーナーが設置され、この中から探して買うわけです。

続きは『夏休みもようやく終了』(スペインコラム)をご覧ください。

夏休みのバカンス出費の後、新学年準備にかかる費用を準備するのは容易なことではありません。この時期に、子供ひとりにかかる平均的な出費(教科書、交通費、被服費)は800ユーロを超えるほどの額になっています。子を持つ親たちの嘆きの声が聞こえてきそうなニュース映像をご覧ください。

瓜谷

|

« ブログ更新中断のお知らせ | トップページ | エルサルバドル情報:ドキュメンタリー監督の殺害事件 »

文化情報」カテゴリの記事