« ヒスパニック事情:ヒスパニック社会が生み出した『アグリー・ベティ』 | トップページ | スペイン情報:ZARA、アジアでも大人気 »

2009年9月 5日 (土)

音声合成技術の進歩:スペイン語の場合は?

以前は、パソコンに文章を読み上げさせると、まるでロボットのような不自然な発音でした。しかし、いつの間にか音声合成技術もずいぶん進歩しています。

今日は、ためしにスペイン語の合成音声を聞いてみてください。

http://www.acapela-group.com/spanish-48-text-to-voice.html

ちなみに
Antonioがスペイン人男性、Mariaはスペイン人女性の人工合成音声です。
まるでネイティブが話しているような自然さでしょう?

Try our voices with your own words !と書いてあるリンクをクリックすると、自分の好きなスペイン語の文章を書いて、ためさせることもできます。(Select voiceでスペイン語を選んでくださいね)

いかがですか。

ちなみに、もしもお使いのパソコンがマックなら、この音源をダウンロードすれば、OS付属のテキスト読み上げ機能で、画面上のどんな文章でも読ませることができるようになります。
http://www.assistiveware.com/voicedownload.php

例えば、ネット上のスペイン語新聞の読ませたい部分を選択して、まるでネイティブのアナウンサーに読んでもらっているような気分にひたることもできるんです。音声付きのほうがわかりやすいので、私の場合、最近新聞を読むときは、もっぱらこれにお世話になっています。いつでも文字で確認できるので、ヒアリングの練習にも最適ですよ。

ちなみに次のGhostReaderを使えば、読み上げた音声をMP3ファイルに書き出すことも可能です。
これをmailで送れば、音声付きのメールになってしまいます。
http://tkyabe.com/blog/2008/05/ghostreader/

ほんとにデジタル技術の進歩には驚かされっぱなしです。最後に日本語の音声合成技術の進歩ぶりもごらんください。

http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/trend_tamago/tt_148.html

こちらもなかなかのすぐれものですね。

瓜谷

|

« ヒスパニック事情:ヒスパニック社会が生み出した『アグリー・ベティ』 | トップページ | スペイン情報:ZARA、アジアでも大人気 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「聞く力」を伸ばす」カテゴリの記事