« スペイン語歌詞のリスニング: Lyrics Training | トップページ | スペイン情報:ガリシア語の現状 »

2010年2月22日 (月)

映画「アバター」でラテンアメリカの歴史を考える

Avatar
映画「アバター」はもちろんスペイン語圏諸国でも大ヒットしています。この映画、どうしてもスペインによるラテンアメリカの征服の歴史を思い出してしまいますよね。そこで今日はこんな記事を取り上げてみました。

・・・アメリカの歴史は、まさにこの映画と重なります。最初にアメリカ大陸に到達したスペイン人は、金を求めてメキシコに侵入しました。そこには先住民が築いたアステカ帝国が存在したため、武力を持って制圧し、金銀財宝だけでなく広大な国土をも支配するようになったわけです。
 映画では、先住民側が勝利して終わります。それはキャメロン監督の希望を表現しているのではないかと思います。しかし、現実の世界では、そうはいきません。 スペイン人たちは、・・・

続きは、「映画「アバター」はラテンアメリカの歴史と重なる」(毎日がラテン)をご覧ください。

この映画の人気ぶりを伝えるスペイン語新聞記事も読んでみませんか。
'Avatar' ya se ha convertido en la película más taquillera de la historia de España (20minutos)

キーワード la película más taquillera 一番ヒットした映画
estreno ロードショウ

映画のスペイン版予告編はこちらです。

瓜谷

|

« スペイン語歌詞のリスニング: Lyrics Training | トップページ | スペイン情報:ガリシア語の現状 »

映画・テレビ」カテゴリの記事