« スペイン映画情報:「抱擁のかけら」の見どころは? | トップページ | メキシコ情報:ノリが違うメキシコ流結婚式 »

2010年2月 5日 (金)

スペイン情報:サグラダ・ファミリアが完成すると

20100131_1602551 サグラダ・ファミリアの完成予定がいつかご存じですか。2026年、つまり今から15年後です。この年は、ガウディの没後100周年にあたるとのこと。完成時の塔の高さは最高170m。だからバルセロナの高層ビルは、この高さを超えてはいけないのだそうです。この都市計画の用意周到さは日本人も見習いたいものですね。さて、今日は、カタルーニャ建築家協会のサグラダファミリア見学会に参加したという貴重な体験談をご紹介しましょう。

本当にサグラダファミリアはガウディの没後100年2026に完成することを 昨日のカタルーニャ建築家協会のサグラダファミリア見学会で実感することができた。    主任建築家ジョルディ氏の4時間に及ぶ現在建設中の具体的な説明で完成の全体像が把握できた。『未完の建築』と言われたサグラダファミリアが後15年で完成し、その歴史的瞬間に立ち会うことができることに今から期待が膨らむ。

続きは、「本当にサグラダファミリアはガウディの没後100年2026に完成する」(バルセロナ建築漫遊記)をご覧ください。

サグラダ・ファミリアが完成予想図を3Dで描くとこのようになるのだそうです。

瓜谷

|

« スペイン映画情報:「抱擁のかけら」の見どころは? | トップページ | メキシコ情報:ノリが違うメキシコ流結婚式 »

文化情報」カテゴリの記事