« 映画「アバター」でラテンアメリカの歴史を考える | トップページ | スペイン語映画情報:闇の列車、光の旅 »

2010年2月23日 (火)

スペイン情報:ガリシア語の現状

スペインの言語事情は複雑です。ご存じのように標準スペイン語とみなされているカスティーリャ語の他にカタルーニャ語、バレンシア語、バスク語、ガリシア語、アラン語が地方公用語になっています。この中のガリシア語ですが、カタルーニャ語やバスク語に比べて普及度は今ひとつです。その背景には、どうもつぎのような言語意識があるからのようです。

・・・大まかに見た時のガリシア語の大きな特徴の一つ、それはガリシア社会の中においてガリシア語が占めている地位に見る事が出来るのでは?と思われます。僕の周りには結構な数のガリシア人の友達がいるのですが、彼らが口を揃えて言う事は、「ガリシア人はガリシア語を重要である(プレステージ)と見做していない」と言う事です。・・・

続きは、「ガリシア語の危機」(地中海ブログ)をご覧ください。

関連記事をスペイン語で読んでみませんか。

El gallego, el gran problema(LA VANGUARDIA)

キーワード gallego ガリシア語

リスニングにも挑戦してみませんか。ガリシア語擁護派のデモのニュースです。後半の部分で実際のガリシア語を聞くこともできます。

瓜谷

|

« 映画「アバター」でラテンアメリカの歴史を考える | トップページ | スペイン語映画情報:闇の列車、光の旅 »

文化情報」カテゴリの記事