« 映画情報:メキシコの貧しい子どもたちが世界チャンピオンに | トップページ | エクアドル情報:仰天トイレ事情 »

2010年7月 9日 (金)

ペルー情報:標高4781m、ペルーの観光列車復活

この列車、乗るのにはそれなりの覚悟が必要そうです。

 かつて世界一高い所を通過する列車として有名だったペルーの高原列車が観光列車として復活するそうです。(中略) なお、標高4800mというと、空気中の酸素は地上のほぼ半分になります。高度に慣れないと、高山病で具合が悪くなることがあるので、この列車に乗る人は注意が必要です。私の友人は、プーノ-クスコ線のラ・ラヤ駅に着く前に具合が悪くなり、食べたものをすべて吐き出すという悲惨な状態になりました。

詳しくは、『標高4781m地点を走るペルーの観光列車が運行開始』(毎日がラテン)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

« 映画情報:メキシコの貧しい子どもたちが世界チャンピオンに | トップページ | エクアドル情報:仰天トイレ事情 »

文化情報」カテゴリの記事