« スペイン情報:バルセロナでオープンハウス | トップページ | メキシコ事情:事前計画なんて立てない流儀 »

2010年10月21日 (木)

スペイン情報:サラマンカで美味しいものを探そう

Plz_mayor
スペイン最古の大学で世界中の留学生が集まるサラマンカ。今日は、サラマンカを美味しい食べ物の観点から紹介します。

・・・サラマンカといえば真っ先に思い浮かぶのが、ギフエロ産の生ハム。 ギフエロ村は、現在6箇所ある原産地呼称を許されている地域の一つで、サラマンカ県南東部に位置します。「イベリコハム」 といえば日本でも有名になってきているのでご存知の方も多いはず。
スペインで豚がよく食べられるようになったのは、その歴史に関係するのだとか。かつてイスラム勢力に国土の大部分を 支配されたスペイン。その後、キリスト教勢力によって行われたレコンキスタ(国土回復運動)。イスラム教徒は豚肉を食べないことから、豚肉を食べることによって、正真正銘のキリスト教徒であると証明したということです。・・・・

続きは、「スペイン最古の学生街で楽しむ食事」(考えるパン)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

« スペイン情報:バルセロナでオープンハウス | トップページ | メキシコ事情:事前計画なんて立てない流儀 »

文化情報」カテゴリの記事