« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

中南米情報:日本人から見た「ラテンの風呂」とは

1507360688_669876d049_m
お風呂はやはり日本式がいいなあと思っている皆さん、電気シャワー(Ducha Electrica)って聞いたことがありますか。中米諸国ではずいぶん普及しているのだそうですが。


以前、「外国人から見た日本の風呂」において、日本のお風呂事情が異文化の方々から見るとどのように映るのか紹介させていただきました。
海外からの日本の風呂の評価が分かれば、ラテン諸国のお風呂事情がどうなっているのか当然気になりますよね?
今回は、ラテン諸国のお風呂が日本人にとってどのように見えるのか考えながら、中米地域を中心に爆発的(!?)に普及している電気シャワーについて取り上げたいと思います。・・・・

続きは、「日本人から見た「ラテンの風呂」(ラテンオタクのネタ探し)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月29日 (月)

メキシコ情報:なぜ麻薬合法化を求める声が高まってるの?

麻薬の合法化を求めている人たちは、麻薬が自由に入手できるようになってほしい麻薬好きの人たちというわけではありません。
今日は麻薬問題に悩むアメリカとメキシコの苦悩の背景をわかりやすく解説した記事をご紹介しましょ。

・・・麻薬消費を抑えることも銃規制もできないアメリカ。アメリカとメキシコ2国間で膨れ上がる闇市場。潤沢な資金で高度に武装化する麻薬組織。メキシコに蔓延る政治汚職と麻薬組織に取り込まれる警察。歯止めのかからない凶悪犯罪や殺人・・・(中略)
がんじがらめになっている麻薬戦争に勝つにはいったいどうしたらよいのか。犠牲者を減らすためにはどうしたらよいのか。
現状の対策が功を奏していないこと、麻薬を法律で禁止することでは需要を消し去ることも市場を消し去ることもできないことは火を見るよりも明らかです。そんな中、「麻薬を合法化して管理した方が犯罪は減る」という発想に基づいて進められてきたのが、麻薬の合法化推進の議論です。・・・・

続きは、「メキシコの麻薬戦争とマリファナ解禁のゆくえ」(Ocean & Love)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月27日 (土)

メキシコ情報:ボクの職業? 殺し屋です。

Hitman
メキシコの麻薬戦争における殺人の犠牲者数はとどまることをしりません。今日ご紹介するのは、女性記者が、普段は決して表に出て来ないメキシコのヒットマン(殺し屋)に単独インタビューした記録です。とてもショッキングな内容ですが、人を殺すと時どのような心境になるのか、どのような環境で育ったのか、人間の心が壊れるとどうなるのか、いろいろなことを考えさせられます。

・・・ジョージは 26歳の殺し屋だ。
殺し屋のことを、メキシコではシカリオ( sicario / スペイン語)と呼ぶ。
麻薬王たちは、彼らのビジネスの邪魔になる物は誰でもターゲットにすると決めているため、ヒットマンたちにも多額の金を払っている。
(中略)
「一般人ならひとり殺して 100ドル( 8千円)。上院議員なら 70,000ドル(560万円)だ」とジョージは言う。
これが本当なのがどうか私に知る術はないが、しかし、たとえば私ならどうなるのだろうと思った。
つまり、ジャーナリストの私の殺しにはいくらの価値があるのだろうかという興味があったので訊いてみることにした。
「もし、あなたが私の殺しを依頼されたら、どのくらいの請求額が妥当ですか?」
彼はしばらく何も言わずに私を見つめ、そしてこう言った。
「1,000ドル( 8万円)くらい」。・・・・

続きは、「アルジャジーラの記者がメキシコのヒットマンにインタビューを敢行」(In Deep」)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月26日 (金)

ペルー情報:リマのタクシーでトラブルを回避するには

なんだかリマでタクシーに乗るのって、普通の日本人にはずいぶんハードル高そうですね。

・・・友人のブログでタクシーに乗って支払った紙幣を運転手に偽札にすり替えられたという話が報告されていた。(中略)しかし、それ以上に、「心の隙間の善意を」利用するような相手に対して、対応できる動物的本能を持つことも必要だ。それは、相手をにらみつけるとか、絶対信用しないとか、高圧的な態度で弱みを見せないということではない。ではどうするか。・・・・

続きは、「リマのタクシーでお金で騙されたりしない、トラブルを回避する方法」(南米ペルー在住、ピルセンの「ペルー雑感」)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月25日 (木)

スペイン情報:ポルノじゃないよ、選挙ビデオです。

うーん、なんだかなあ。実は近年カタルーニャにおいては、エロティシズムを前面に押し出した選挙ビデオが増えてきているんだそうです。
すごいことになってます。

・・・来週末に迫ったカタルーニャ州議会選挙(11月28日)の為に、各党が熱烈な選挙戦を繰り広げているカタルーニャ地方なのですが、そんな中、現政権を担っているカタルーニャ労動左派(PSC)の若手グループが、選挙離れが進む若者達に、どうにか選挙に関心を持ってもらおうと作った選挙ビデオが話題になっています。それがこちら:・・・・

続きは、「ローマ法王のコンドーム容認発言とか、今年のカタルーニャ州議会選挙ビデオは殆どポルノビデオと同じレベルだとか」(地中海ブログ)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月24日 (水)

スペイン情報:スペインの温泉ホテルはこんな感じ

O0510038010873713771
やたらと忙しい現代社会。癒しを求めたい気持ちはどこも同じ。近年、スペインでも温泉ホテルが流行っています。
日本の温泉とどう違うか気になりませんか。そこで今日はこんな記事をご紹介します。

日本の温泉ホテルならば、手ぶらでもOKですが、
こちらの温泉ホテルでは水着とサンダルが必須。
あと、石灰岩石鹸や温泉水ローションも置いてませんので、
各自アメニティ持参が望ましい。
・・・という予備知識を持って今回の記事を読んで下さいませ。
さて、宿泊のホテルVila de Caldesに到着すると、・・・・

続きは、「温泉ホテルで食う寝る転ぶ」(ウルコ ルーム)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月23日 (火)

スペイン情報:英雄El Cid(エル・シッド)ってどんな人?

20101122001814jpg
ハリウッド映画にもなったほど有名なスペイン中世の英雄El Cid(エル・シッド)ってどんな生涯を送ったかご存じですか。

Reconquista(レコンキスタ、国土回復運動)時代の英雄といえばスペイン人なら誰でも知っているEl Cid(エル・シッド)と呼ばれたRodrigo Díaz de Vival(ロドリゴ・ディアス・デ・ビバール:1045?-1099)です。彼はマドリッドの北方、現在のブルゴス県の小さな町Vival出身のカスティージャの騎士で、スペイン最古の文学と言われる叙事詩『Cantar de mio Cid(カンタール・デ・ミオ・シッド、わがシッドの歌)』の主人公です。El Cidが使用したといわれる剣が・・・・

続きは、「El Cid(エル・シッド)、カスティージャ王国の伝説的英雄」(スペイン料理の世界)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月22日 (月)

アルゼンチン情報:トイレは鍵をかけないで使いましょう!?

海外で苦労するのが外でのトイレ。アルゼンチンも例外ではありません。

・・・・スペイン語で、DONDE ESTA EL BANO? ドンデ エスタ エル バニョといいますと、決まって、AL FONDO A LA DERECHA アル フォンド ア ラ デレチャ(まっすぐ奥へ行って右)と答えられます。一体どうしてでしょうね。そして、トイレで重要なのが「鍵」と「紙」です。
第一にブエノスアイレスのトイレで女性達(私は女性ですので)が声をそろえて言うのが、公衆トイレで、不安に思ったら、鍵はかけない方がいい、という鉄則です。もちろん、鍵をかけないと・・・・

続きは、「トイレの「鍵」と「紙」」(主観的アルゼンチン/ブエノスアイレス事情)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月20日 (土)

ペルー情報:コカの葉とコカインの違いって?

コカの葉はペルーの農民の生活必需品であると同時にコカインの原料でもあります。それだけに様々な問題が派生することになります。詳しくは次の記事をお読みください。

・・・・ジャングルの入り口あたりのところで栽培される農作物というか、そのひとつにコカの葉がある。コカの葉は、インカの時代以前から、祭儀式や薬草として利用されている。今でも、ペルー、ボリビアなどの農民は日常的にコカの葉を噛む。村祭りや、日常の農作業にもかかせないもののひとつになっている。コカの葉をいくら、咀嚼しても、すりつぶしたりしても、コカインにはならない。コカの葉を・・・・

続きは、「ペルー、コカ葉、コカイン、運び屋 burrier」(南米ペルー在住、ピルセンの「ペルー雑感」)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月19日 (金)

スペイン語情報:その単語、ここでは通じません。

Kotobakikou04
世界の20カ国の公用語であるスペイン語。大きな違いはありませんが、日常的な単語レベルになると、それぞれの国でいろいろな違いがあって、ちょっとした悲喜劇のもとになったりします。

・・・・スペイン語は世界20か国以上で話されているのだから、こうした誤解も無理もない。ただ、これはスペイン語を外国語として接している私たちだけの話ではない。スペインに着いて間もないメキシコ人の大学生が、スペイン語が通じない、と悔しさで涙あふれんばかりに話してくれたことを思い出す。
 留学生活を始めるにあたって掃除道具を揃えるべく「jerga(=モップ)」を買いに行くと、・・・・

続きは、「リレーエッセイ言葉紀行」(白水社)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月18日 (木)

メキシコ情報:無人島コントイで大自然を満喫しませんか

Mx_1101_0205
世界のリゾート カンクンはその周辺地域もどんどん観光地化しています。でも近くにこんな場所もあったのですね。

・・・・だが、ちょっと目先を変えて、もう一つの島、無人島、鳥の島、自然保護区の島 コントイ島
自然保護区の島であるため、入島に人数制限と許可が必要のためほとんど人が行かない島 鳥の島というように鳥の楽園というコントイ島へ行った。
実は、今回のコントイ島行きの失敗は、80歳の従兄を同行した事。
(中略)
一旦、入島許可とガソリン給油のために寄航したイスラ・ムヘーレスから北へ、コントイ島に向かう。
大海に他の船も見えない。
地平線に、珊瑚礁棚に白い波がはじけてみえる。
ボートは、水上スキーをやってるほどに、ドキドキだったかもしれない。
私は、楽しかったのだが。。。。
1時間半という予定が波の関係もあったのだろう2時間ほどでコントイ島に到着。
到着と同時に今まで黙っていた従兄がカンカンに怒り出した。・・・・

続きは、「無人島 鳥の島 コントイ」(阪急交通社)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月17日 (水)

スペイン情報:マドリードでグルメ三昧を楽しむなら

30
美味しいものがよりどりみどり。
マドリードに行ったら、ぜひ訪れたい場所がまた一つオープンしていました。

ここマドリードには、グルメショップと呼ばれお店はたくさんありますが、今年、2月にオープンしたグルメショップ、D.O.C.C.は、店内にカフェ・バルが併設されていて、買い物を楽しむだけでなく、「軽く何か食べたいな」というときに、お店の厳選食材、ワインやチーズ、生ハム、サンドイッチをカウンター席に座って、楽しむことができます(サンドイッチは約2~4.5ユーロ)。
また、「生ハムやチーズを買いたいけれど種類がたくさんあってどれが自分の好みに合うかわからない」っていう時も心配は要りません。試食してから購入したい旨を伝えれば、無料で試食させてくれるもの嬉しいサービスです。D.O.C.C.という店名は、・・・・

続きは、「厳選スペイングルメD.O.C.C」(考えるパン)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月16日 (火)

アルゼンチン情報:模造ブランド商品の仕入れルートは?

アルゼンチンも模造商品が溢れているようです。なんとそれらを販売する巨大違法ショッピングセンターまであるのだそうです。

・・・アルゼンチンでは衣料品、そして、音楽CD関係の約50%がコピー製品という統計がでています。
そして、その中で30%がSALADAサラダと呼ばれるブエノスアイレス市から近郊の市場というよりも、巨大違法ショッピングセンターで購入されて、再販されているものだそうです。ブエノスアイレス市内からだけではなく、地方からも10時間のバスの旅でやってきてもメリットがあるぐらいの繁盛です。実際 ・・・・

続きは、「非合法マーケット、でも。。。」(主観的アルゼンチン/ブエノスアイレス事情)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月15日 (月)

ペルー情報:アルゼンチンと比べてみると

ペルーもアルゼンチンも南米のスペイン語国。でも、違いもいろいろあるようです。例えば、アルゼンチンはペルーと違い、男同士でもほっぺにキスするとか。

日本では中南米とかラテンアメリカと総称して呼ばれ、昔の宗主国がスペイン(ポルトガル)の国がほどんどを占め、公用語がスペイン語であり、国民の大多数が宗教がローマンカトリック信者であるということで、同じように思われている。確かにその通りだけれど、それぞれの国には、それぞれの固有の文化があり、ひとまとめにして論じると間違いをおかすことになるだろう。旅で通り過ぎるだけでも、その違いが眼に見えてくる。

今回はブエノスアイレス州の州都ラプラタと、ブエノスアイレス連邦首都のみしか訪問していないので、国全体のことはとても語れないけれど、「ペルー」と比べて、眼に見えた違いがあった。住んでいる人々にとっては当たり前のことだけれど、旅人にとっては新奇に感じたことがある。・・・・

続きは、「アルゼンチンのこと」(南米ペルー在住、ピルセンの「ペルー雑感」)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月14日 (日)

スペイン情報:ヘミングウェイが愛したレストランで子豚の丸焼きを堪能

3
うーん。おいしそう。この記事を読んだらまた行きたくなってきました。

どのガイドブックにも必ず載っている有名店なので、何時でも多くの観光客で賑わっています。特にアメリカ人観光客が多いのはアメリカの偉大な作家、ヘミングウェイもこのレストランを愛し、彼の小説に「ボティン」の名が度々登場するからでしょうか。世界的なベストセラーとなった「日はまた昇る」では、主人公に「ボティン」は世界一のレストラン、とまで言わせちゃってます。
ヘミングウェイとスペインの繋がりはとても深く、・・・・

続きは、「子豚の丸焼きとヘミングウェイ」(考えるパン)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月12日 (金)

スペイン情報:ムデハルって何?

Sp_1102_0102
スペインで語学留学すると「スペイン文化」の授業で必ず説明されることの一つがムデハル様式です。スペインではごく一般的な言葉で、スペイン語の観光ガイドさんもよく使っています。スペイン建築を理解するのに必須の用語なので知っているとちょっと自慢できるかも。

キリスト教勢力は、711年に侵入してきたイスラム勢力をイベリア半島から
少しずつ排除し、1492年に国土再征服を完全に成し遂げました。
その間もその後も多くのイスラム教徒が半島内に留まりました。
“ムデハル”とはアラビア語で残留者の意味。
当時のイスラム教文化は、農業、哲学、建築、科学などあらゆる各分野において
キリスト教文化よりも優れていました。そのムデハルの建築者達が生み出したのが、
イスラム教建築様式とキリスト教建築様式を見事に融合させたムデハル様式です。
これはスペイン独特の建築スタイルで、・・・・

続きは、「ムデハル様式 ~イスラム教文化とキリスト教文化の融合」(阪急交通社)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月11日 (木)

スペイン語学習情報:インターネットでスペイン語を楽しく勉強

Internet_y_espanol
みなさんネットを利用して、スペイン語を勉強もしているのではないでしょうか。今回は、へー、こんな方法もあったのかと目から鱗のインターネット・スペイン語学習活用法の記事をご紹介します。

技術の進歩にはいつも驚きます。
とくにインターネット界隈は目覚ましいくらいの早さで進化していて、とくに映像コンテンツや音声情報などの入手の容易さについては劇的に変化してきました。もう開いた口が塞がらないくらい充実してる。
あっちの国で放送されたニュースが、その日の数時間後に動画共有サイトにアップされたり、そっちの国で掲載された新聞記事が、ほとんど同時にウェブ上で確認できたりと、スペイン語を日本にいながら継続学習する僕には有り難すぎるくらい充実した環境になりつつあります。
今回は、インターネット界隈の進化によって、僕のスペイン語学習がどのように変化したのかについて考えてみます。・・・・

続きは、「インターネットの充実でスペイン語学習がどんどん楽しくなった」(ラテンオタクのネタ探し)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月10日 (水)

スペイン情報:ローマ法王の訪問とバルセロナの都市戦略

一昨日のバルセロナへのローマ法王の訪問のスペインメディアの報道ぶりはすごいものでした。現地での興味深い感想をご紹介します。

・・・実は今回のローマ法王訪問は、バルセロナ市がガウディの素晴らしさ、サグラダファミリアの素晴らしさを世界にアピールする事に大成功したその一方で、バチカン側にとっては、「スペインにカトリック信者はあまりいない」と言う、結構ネガティブなイメージを残しちゃったんじゃないのか?と思う訳ですよ。
そしてもう一点、これが今回のバルセロナ市が被った最も大きい便益だったかもしれないんだけど、それは、市民の間に「実はサグラダファミリアは美しい教会だ」と言う事を、テレビの生中継などを通して知らしめた事だと思います。
・・・・

続きは、「バルセロナの都市戦略:ローマ法王のサグラダファミリア訪問の裏側に見えるもの」(地中海ブログ)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月 9日 (火)

アルゼンチン情報:光と影、貧民街に暮らす人々

2414916224_ccd3b73b20
今日はアルゼンチンの影の部分を紹介する記事を取り上げてみました。
一部の旅行会社が「貧民街ツアー」を行っているそうです。これってかなりショッキングですよね。

・・・貧民街があるのはたいてい、
高速道路が走る高架橋の下や線路沿いです。
彼らは不法に家を建て占拠していることになりますが、
貧民街でなくても市内の空き家や空きビルに入り込み
勝手に住み始めてしまうこともあります。
そのため、入り口にレンガを積み上げて封鎖し
不法占拠されないように対策を取っている建物を目にすることもしばしば。・・・・

続きは、「アルゼンチンの光と陰~貧民街に暮らす人々~」(地球の歩き方)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月 8日 (月)

スペイン情報:バルサ・ミュージアム、心を魅了する演出とは

20101106_1444022

バルサ・ミュージアムに見られるような人の心を魅了する演出方法とはどのようなものかを考えさせてくれる記事をご紹介します。

そんなスタジアムの真横に併設されているミュージアムは、実はバルセロナに数多く存在する美術館/博物館の中でも、ピカソ美術館に次ぐ集客力を持つ協力な観光スポットなんだけど、今まで一回も行った事が無かったんですね。そんな訳で今回は「良い機会」とか思って、かなり軽い気持ちで行ったんだけど、これが予想以上に面白かった。・・・・

続きは、「FC Barcelona(バルサ)のマーケティングがスゴイ:バルサ・ミュージアムに見る正に「ゴールは偶然の産物ではない」」(地中海ブログ)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月 6日 (土)

スペイン情報:スペイン版新幹線(AVE)のファーストクラスってどんなもの?

ファーストクラスには無縁の私としては、いったいどんなサービスが提供されているのか気になるのですが、・・・

「今日は朝からマドリッドに出張でした。何時ものようにバルセロナ-サンツ駅からスペインの高速鉄道(AVE)に乗って行って来たのですが、今回の旅はいつもとはちょっと様子が違いました。何とファーストクラスに乗っちゃったんですね!人生初のファーストクラスです。まあ、僕みたいな青二才がファーストクラスに乗れる理由なんて、・・・・

続きは、「マドリッド出張:スペイン高速鉄道(AVE)、ファーストクラス初体験」(地中海ブログ)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月 5日 (金)

中南米情報:メディアはどれほど中立なのか

「記者クラブ問題」(http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0907/29/news001.html)のように日本でもメデイアの中立性に対する疑問や批判が日増しに高まっていますが、中南米諸国の問題はさらに深刻です。

・・・・クーデターが起これば最初に強制管理されるのがメディアだった。メディアを通じて政変が発表されるし、反対派の意見を押さえ込んでしまう。こちらで今も昔もメディアが中立的立場にあるなんて思う人は無邪気な人だといえる。それが保守的であろうが急進的であろうが、左翼的であろうか、中道、右派であってもだ。大手のマスメディアは、その国の伝統的な中道右派的一族が牛耳っていたり、新興の資本家や実業家が掌握していたりする。だから、大統領の施政に反対するのもメディアであったりする。言論の自由とか表現の自由とか以前に、・・・・

続きは、「ペルーの大統領もメディアは嫌いだろう」(南米ペルー在住、ピルセンの「ペルー雑感」)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月 4日 (木)

スペイン情報:大学の授業料を比べてみると

どうもヨーロッパ諸国などと比べてみると、日本の大学の授業料はとてつもなく高いようです。

・・・・それはどうやらヨーロッパの多くの国では大学の授業料が無料な所が多いのでは?と言う事実です。もしくは無料とまではいかないまでも、一年間に何百万円と払わなければいけない日本やアメリカの大学なんかに比べると授業料が微々たるもので良いと言う国が結構あると言う事が分かってきたんですね。
じゃあ、何故それらの国では授業料がそんなに安いのか?・・・・

続きは、「ヨーロッパの公立大学の授業料について」(地中海ブログ)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月 3日 (水)

スペイン情報:サグラダファミリア、歴史的イベント準備で大忙し

20101101_2070906
今、バルセロナはローマ法王式典を一週間後に控え、大変なことになっているようです。

ローマ法王ベネディクト16世によるサグラダファミリア カトリック教会大聖堂の奉献という歴史的瞬間まであと一週間のとなり、バルセロナの街はその準備で大忙しである。(中略)7日の日曜日のミサでは、サグラダファミリアを中心とする周囲のマンサーナ(街区)の道路は全て遮断され、堂内に入りきれない人の為にたくさんのスクリーンを用意し、ミサの様子を中継するようになっている。
バルセロナの街をパレードする為に、世界に3台しかないというのベンツ社製の通称『PAPA-car』も特別の貨物機で運ばれてきたところで、またバチカンからは2万人がその警護にあたるという厳戒態勢の中で行われる。・・・・

続きは、「サグラダファミリア カトリック教会大聖堂奉献まであと一週間」(バルセロナ建築漫遊記)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月 2日 (火)

スペイン情報:マッサージ、シエスタつきのランチで癒しのひとときを!

Siesta_01

マドリードの中心街、高級ブティックの立ち並ぶサラマ ンカ地区にありながら、30ユーロでこんな豪華な一時が過ごせるレストランがあるのだそうです。

・・・シエスタの習慣が変わりつつあるとはいえ、スペインでは”ホルナーダ・パルティーダ“という勤務形態があり、概ね朝9時、10時から2時まで、2~3時間の休憩を挟んで4時、または5時から7時、8時までの勤務で、小さな企業や、一般のお店などでは採用しているところが多数あります。お昼休みは、地下鉄やバス、車で家に帰り、午後の勤務に間に合うように、急いでお昼を食べてまたオフィスまでとんぼ返り・・・・、または、2~3時間のお昼休みも、家まで遠い場合は、何とか時間をつぶさなければなりません。これではせっかくの長いお昼休みもかえって疲れてしまいます。そこでそのような勤務形態の人向けに考案されたのがこのシエスタつきのメニューです。・・・・

続きは、「シエスタのできるレストラン ロハスな空間」(考えるパン)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2010年11月 1日 (月)

スペイン情報:昨日、夏時間終了

F0187000_456211
サマータイム制が導入されているスペインでは昨日、夏時間が終了しました。
どのように切り替わるかご存じですか。

いよいよ夏時間が終わります。
10月最後の週末は、時計のセットが大事な仕事。
たった1時間のことですが、この1時間が週明けの朝にトラブルになることも無きにしも非ずです。

今年の場合、10月最後の日曜日は31日ということで、きりよく切り替わるのですが、手持ちの時計が31日の3時を示した時が、夏時間の終了時です。
即座に針を1時間前に戻します。

でもこの作業のために・・・・

続きは、「夏時間最後の日」(探検 Espana)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »