« スペイン情報:ムデハルって何? | トップページ | ペルー情報:アルゼンチンと比べてみると »

2010年11月14日 (日)

スペイン情報:ヘミングウェイが愛したレストランで子豚の丸焼きを堪能

3
うーん。おいしそう。この記事を読んだらまた行きたくなってきました。

どのガイドブックにも必ず載っている有名店なので、何時でも多くの観光客で賑わっています。特にアメリカ人観光客が多いのはアメリカの偉大な作家、ヘミングウェイもこのレストランを愛し、彼の小説に「ボティン」の名が度々登場するからでしょうか。世界的なベストセラーとなった「日はまた昇る」では、主人公に「ボティン」は世界一のレストラン、とまで言わせちゃってます。
ヘミングウェイとスペインの繋がりはとても深く、・・・・

続きは、「子豚の丸焼きとヘミングウェイ」(考えるパン)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

« スペイン情報:ムデハルって何? | トップページ | ペルー情報:アルゼンチンと比べてみると »

文化情報」カテゴリの記事