« 中南米情報:日本人から見た「ラテンの風呂」とは | トップページ | スペイン語情報:2050年には地球上の10人に1人がスペイン語人!? »

2010年12月 1日 (水)

アルゼンチン情報:タクシーのお釣りは偽札にご用心

58627720
ラテンアメリカ諸国でタクシーを利用するときは、いろいろ注意が必要みたいです。アルゼンチンのタクシーは、お釣りで偽札をつかまされることが多いとのことで、その対策をご紹介。

コレクティーボ(バス)が市内すみずみまで走り、
スブテ(Subte)と呼ばれる地下鉄や、列車(tren)も整備されているブエノスアイレス。
市内の観光なら、これら公共交通機関を利用する人が多いでしょう。
でも、荷物の多い時など、タクシーを利用する場面もあるかと思います。
(中略)さて。問題は、タクシーに乗車し、高額紙幣(50ペソや100ペソ)で支払う場合。
おつりを、偽札で返す超悪質ドライバーがいるのです。
対策としては、乗る前に・・・・

続きは、「タクシーに遠回りをさせないコツと偽札の見分け方」(地球の歩き方)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

« 中南米情報:日本人から見た「ラテンの風呂」とは | トップページ | スペイン語情報:2050年には地球上の10人に1人がスペイン語人!? »

文化情報」カテゴリの記事