« 南米諸国のコスプレ事情 | トップページ | スペイン情報:スペインも年金問題でたいへんなことに »

2011年1月28日 (金)

中米事情:店舗の建物自体を広告塔に

Cocacola300x225
日本ではバスや電車の車両を広告塔にするのはありますが、建物の外壁に広告をペイントするというのはまだありませんよね。

日本の皆さん、こんにちは!現在、中米の中でも発展している国のひとつ、コスタリカにいます。ここに来るまでの中米諸国(グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア)の道端で、日本にはない光景をよく見かけたので、今回はそれを紹介します。中米ではコンビニエンスストアなどの小売りチェーン店はほぼ見掛けず、“Tienda(ティエンダ)”という小さな個人経営の売店のようなものが多数あります(ティエンダはスペイン語で「売店」の意味です)。そこでは携帯電話のプリペイドカード、お菓子、飲料水などを販売しているのですが、その店舗自体を丸ごとメディア化しています。・・・

続きは、「中米でひときわ目を引く店舗メディア」(若手起業家世界一周へ)

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

« 南米諸国のコスプレ事情 | トップページ | スペイン情報:スペインも年金問題でたいへんなことに »

文化情報」カテゴリの記事