« スペイン人の国民性:日本人から見て頭にくるスペイン人の態度とは | トップページ | スペイン語圏情報:東日本大震災のかなり極端なニュース報道ぶり »

2011年3月10日 (木)

ベネズエラ事情:この国、石油がただ同然なんですって

E0a6c142
今世界では、リビアの紛争で、石油の値が有りにあえいでいます。
ところが、こんな国もあったのですね。
ベネズエラ、いくら産油国だと言っても、リッター4円程度ってすごいですね。

 ベネズエラ国内で流通しているガソリンは、めちゃくちゃ安いって話。
日本の常識からは考えにくい価格帯で販売されていいて、写真でわかるとおりリッター4円程度。日本の常識からは大きく外れた価格なので、日本でガソリン価格が高騰し始めた頃から話題になっていたこと。
で、改めて調べてみたら興味深い話なのでした。・・・


続きは、「ベネズエラ超格安な石油事情」(ラテンオタクのネタ探し)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

« スペイン人の国民性:日本人から見て頭にくるスペイン人の態度とは | トップページ | スペイン語圏情報:東日本大震災のかなり極端なニュース報道ぶり »

文化情報」カテゴリの記事