« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

メキシコ情報:両替するときにこれだけはチェック

Mx_0501_0204
メキシコ旅行予定ありますか。両替するときの注意事項の貴重な解説です。

 外国旅行に出かけて、その国に入国したら、まず旅行者がする事は、両替、その国のお金を手に入れることか?!
初めての国に行ったら、その国のお金にも慣れないのだから、戸惑うのは当然だろう。
メキシコはペソが通貨であるが、カンクンのような世界的リゾートはドルなどが何処でも通用するが、他の場所では、当然ペソに両替しなければならない。
日本からの観光客の方で、円だけもっていらっしゃる人もあったりするが、・・・

続きは、「お札に注意!注目!」(阪急交通社)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月29日 (金)

スペイン情報:断崖絶壁の家を見にクエンカへ行こう

1007647_1
クエンカへは行ったことありますか。スペインではとても有名な世界遺産都市です。

 日本のアニメ映画「ソラノヲト」に出てくる架空の街はスペインの実在する街「クエンカ(Cuenca)」をモデルにしているそうです。クエンカはユネスコの世界遺産に登録されており、断崖の上に建てられている「宙吊りの家」(casas colgantes)はスペイン国内でもとても有名なようです。
小さな街にもかかわらず友人にクエンカを知っているか聞くと、直ぐに「casas colgantesがあるところね」とかえってきます。・・・

続きは、「「ソラノヲト」の街 クエンカ(Cuenca)へ」(旅とお散歩)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月28日 (木)

スペイン情報:バルセロナ、空から見てもこんなにスゴイ

90e263ae
みなさん、スゴイ写真の数々ですよ。

 バルセロナと言えばマドリードに次ぐスペインの都市であり、サッカー、オリンピック開催地、ピカソ美術館、建築家ガウディによる教会……などなど、魅力を上げたらきりがないほどです。
そんなバルセロナの街並みを、上から見下ろしたものを見たことはあるでしょうか。
行ったことがある人さえ驚いたと言う、話題を集めていた写真をご覧ください。・・・

続きは、「これは圧倒される…バルセロナを見下ろした風景に世界中から驚きの声」(らばQ)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月27日 (水)

ペルー情報:信頼関係を前提とする場面、日本との違いとは

信頼関係を前提とする場面が日本とペルーではずいぶん違うようです。

 ペルーにも日本にも「本音とたてまえ」がある。当然だろうけど、その境界線は場合のよって違うだろう。しかしふたつの国で明らかに違うというところもあるだろう。それを読み違えると大きな間違いのもとにもなりかねない。・・・

続きは、「ペルーの信頼関係」(南米ペルー在住、ピルセンの「ペルー雑感」)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月25日 (月)

スペイン情報:バルセロナの「地球の日」フィエスタ

O0356045411170567598
へー。バルセロナではこんなイベントも行われていたんですね。

 数あるバルセロナの祭りの中でも、
ハッピーでヒッピーな青空フィエスタといえば、コレ!
地球の環境を考えるアース・デーのお祭りです。・・・

続きは、「「地球の日」フィエスタ」(食べて歩いて遊んでスペイン!)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月24日 (日)

スペイン情報:今年の「サンジョルディの日」は日本への連帯表明イベント

20110423_2013716
カタルーニャは昨日、「サンジョルディの日」でした。しかし、今年は、例年と違いこんなイベントが催されたのだそうです。

 昨スペイン、そしてカタルーニャでは一年を通して様々な文化行事が行われ、その中には「え、こんなの祝うの?」って言うビックリ系のものまであるのですが、そんなおもちゃ箱をひっくり返した様な文化行事の中でも、僕が「最もロマンチックだなー」と思うのが、毎年4月23日に行われるサンジョルディと言うイベントなんですね。・・・

続きは、「今年のサンジョルディ(2011)は「日本との連帯の日」に:カタルーニャが日本を全力で支援してくれています」(地中海ブログ)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月23日 (土)

スペイン情報:えっ、サグラダファミリアが放火された?

こんなニュースが飛び込んできました。

 昨日は朝からマドリッドに出張で、バルセロナに帰ってきたのが夜の23時。16時間の旅は流石にきつくて、帰ってきてシャワーを浴び、ウェブを見たら、「サグラダファミリアで放火!」とか言うニュースがトップで流れてるじゃないですか!!・・・

続きは、「サグラダファミリアで放火事件発生:ガウディのオリジナル家具などは全て無事らしい」(地中海ブログ)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月22日 (金)

スペイン語情報:今やニューヨークはスペイン語だらけ

Misokeso20110420
アメリカでのスペイン語の浸透ぶり、ますます拍車がかかっているみたいですね。

 「ノリコ、スペイン語が流暢になったね」
 クリスマス休暇でスペインへ帰ったときに、家族や友人からまっさきに言われたのがこれ。3か月強のニューヨーク暮らし直後のことである。
 それにしても、ニューヨークの日常生活で、これほど頻繁にスペイン語に接するとは思わなかった。・・・

続きは、「スペインの雪辱」(産経関西)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月21日 (木)

スペイン情報:スペイン最高峰から撮影、ため息の出る美しさ

Timelapseviewfromelteide
スペイン一高い山がカナリヤ諸島のテイデ山だってご存じでしたか。ためいきのでるような美しい動画を見つけました。

 スペイン最高峰の山、標高3,718メートルのテイデ山からの眺めを撮影した美しすぎる微速度撮影動画を紹介します。この動画は2011年4月4日から11日かけてノルウェーの写真家、テリエ・ソージャード(Terje Sorgjerd)さんが撮影したもので、1週間の撮影期間で睡眠は合計しても10時間しか取れないほど苦労したそうです。・・・

続きは、「スペインで一番高い山からの眺めを撮影した美しい微速度撮影動画」(デジタルマガジン)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月19日 (火)

メキシコ情報:メキシコの大学はどんなかんじ?

Pub
メキシコの大学で日本語を教えることになった女性の体験記です。日本と違いあちこちの大学で単位を取りながら渡り歩く学生が多いようですよ。

 なななんと、3月中旬からこちらの私立大学で日本語を教え始めました。
 日本では大学というと、街の中心からちょっと外れたところに広々と作りますよね。ところが、グアダラハラでは街のメインストリートにそってどかんと、あったり、住宅地のど真ん中にあったりします。・・・

続きは、「メキシコ的☆ダイガク生活」(BONITA message)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月18日 (月)

メキシコ情報:メキシコの「アヤパネコ語」が絶滅の危機、その奇妙な理由とは

「アヤパネコ語」、って初めて聞きました。そんな言語があったのですか。そして、その話者がたったの2人。しかもなんとも奇妙な話ですね。

世界各地で話されている言語の中には、使用者が少なくなって絶滅の危機に瀕している言語もあります。たくさんの研究者がこれらを保存すべく努力しているのですが、たった2人残ったある言語の使用者どうしの仲が悪く、研究を続けられなくなっているというなんともなケースがあるそうです。
(中略)
集落の過疎化によって使用者が離散してしまったこともあり、この言語を使えるのは今では75歳のマニュエル・セゴビアさんと69歳のイシドロ・ヴェラズケズさんの2人だけ。しかし、・・・

続きは、「たった2人の使用者どうしの仲が悪いためにメキシコの「アヤパネコ語」が絶滅の危機」(DNA)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月16日 (土)

図書情報:魔術的なリアリズム・ラテンアメリカ文学の魅力とは

400431296509mzzzzzzz
ラテンアメリカ文学はお好きですか。とても魅力的なガイドブックが出版されました。

・・・たとえば、幻想文学と現実との距離感について。欧米文学(とその影響を受けた日本文学)に染まった目には、 fantasy と real は対立したり包含したりする概念になる。しかし、本書によると、幻想文学は、あくまで現実に基づいたものになる。一見「現実ばなれ」した描写でも、書き手は何らかの現実に依っているというのだ。ガルシア・マルケス「自分の書くものには現実に基づかないものは一つもない」の言葉は聞きかじっていたが、暴走した妄想や濃密な心性も、脳外に出た現実なのだろうね。・・・

続きは、「ラテンアメリカ十大小説」(わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月15日 (金)

スペイン情報:巡礼の終点、サンティアゴ・デ・コンポステラ大聖堂の感動

F0187000_21423865
みなさんはもう歩きましたか。
この巡礼の道を歩いた人はだれもがその感動を熱く語るのですよね。

一度は見てみたいと思いながら、なかなか機会のなかったサンティアゴ・デ・コンポステラの大聖堂 Catedral de Santiago de Compostela。
念願叶い、やっと目にすることができました。

クリスチャンではない人間でさえこんなに感動するのですから、信者の方々の聖地に馳せる思いはどれほどでしょう。・・・

続きは、「北ポルトガル+ガリシアの旅 (Santiago de Compostela)」(探検 Espana)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月14日 (木)

スペイン情報:フェリア・デ・アブリルと言えば、カセタ(小屋)パーティ

Caseta_fuerathumb
もうすぐセマナサンタ(聖週間)、そして次は、:フェリア・デ・アブリル(春祭り)、いよいよセビージャのお祭りシーズンスタートですね。

フェリアは1847年からあり、当時は家畜の市として始まったということです。今では、セビリア市民が女性はフラメンコ衣装、男性は丈の短いジャケットと身体にぴったりとしたズボン、そして頭には帽子をかぶって(写真を見てもらったほうがいいですね)おめかしし、1000個以上もあるというカセタ(小屋)の中で、1週間、食べて飲んでおしゃべりして、歌って踊って過ごすというお祭りです。カセタは、持ち主の家族や知り合いしか入れないものと・・・

続きは、「フェリア・デ・アブリル」(スペインコラム)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月13日 (水)

スペイン:セビージャにはこんなステキな美術館もありますよ

Sp_0402_0202 セビージャの典型な観光地ではありませんが、散歩の途中に立ち寄ってみたい場所の一つです。

 スペインで有名な美術館といえば、マドリードのプラド、ソフィア王妃芸術センター、
ティッセン・ボルネミッサやバルセロナのピカソ、ビルバオのグッゲンハイムの名前があがります。
どこも素晴らしいところですが、私の一番のお気に入りはセビージャ美術館です。

1835年に絵画美術館としてスタートしたこの美術館は、所蔵する芸術品はもちろんのこと、
建物もとても魅力的。もともとは・・・

続きは、「セビージャに来たら立ち寄りたい美術館」(阪急交通社)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo)

|

2011年4月12日 (火)

中南米情報:ラテンアメリカのミュージシャンも震災日本支援

Gamba
まさか、日本が世界中から支援される日が来るとは夢にも思っていませんでした。

 関東東北大震災の被災者に対する応援や募金などの活動が世界中で行われていますが、ラテンアメリカでもミュージシャンたちの支援活動が行われています。
 まず、メキシコでは有名歌手たちが集まって、2枚組(全37曲)のチャリティー・アルバム「VOCES POR JAPON(日本への声)」が制作されました。このアルバムは・・・

続きは、「ラテンアメリカのミュージシャンも大震災の日本を支援」(毎日がラテン)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月11日 (月)

メキシコ情報:メキシコの映画館にはVIP席があった

T02200293_0240032011124500353
ご存じでしたか、メキシコの映画館には、一般席とVIP席が区別されているんだそうですよ。

・・・・さて、メキシコの映画館にはなんと一般用とVIP用とがあります。
VIP用はまず専用のシアター室になります。
まずは椅子がソファです。二人掛けなのでカップルが多い
そして、手元にライト
売ってる軽食も違います。
VIPは・・・

続きは、「メキシコの映画館」(H.I.S.)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月10日 (日)

スペイン情報:日本の原発事故に対するスペイン人達の反応

最近は治まってきましたが、少し前まで、日本の地震、津波、原発事故の報道の過熱ぶりはすさまじいものでした。

・・・・スペイン政府は先月11日の地震発生から約1週間後、福島第一原発の状況を考慮し、日本に滞在する自国民を退避させるためのチャーター便を手配することを決めました。航空機は3月20日成田発。座席数は450席。在日スペイン人の数は、大使館によると約2000人で、このうち80人がこのチャーター機を利用したとスペイン国営放送(RTVE)は報じています。
RTVEは成田空港でチャーター機に乗る人たちに取材していましたが、多くの人が、・・・

続きは、「日本の原発事故に対するスペインの反応」(クーリエ・ジャポンの現場から)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月 8日 (金)

スペイン語映画情報:『BIUTIFUL』日本公開決定!

20110404195329_00_240
ついに、日本公開が決定しました。あの『アモーレス・ぺロス』(02)や『バベル』(07)のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督がメガホンを取り、ハビエル・バルデムがカンヌ国際映画祭主演男優賞に加え、アカデミー賞主演男優賞にもノミネートされた話題作です。

移民の困難な状況を描く『BIUTIFUL ビューティフル』が6月25日(土)より日本公開されることが決まった。
バルセロナの闇社会で生きるウスバルは、自分が末期癌に侵されていることを知る。彼に残された時間は2ヶ月、父親として愛する子供たちのために男がとった決断。終わりを知った者だけが見せる、力強く美しい人間の姿とは。・・・

続きは、「『BIUTIFUL』日本公開決定!アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督「シーンの一瞬に至るまで作り込んでいる」」(Walkerplus)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月 7日 (木)

丸の内にオシャレなメキシコ料理店「MUCHO」オープン

2011040500005817r250012thumb

メキシコ料理、日本でも人気が出てきましたね。

昨年10月、丸の内にカジュアルメキシカンが楽しめる「MUCHO-MODERN MEXICANO」がオープンしました。本格的でありながらヘルシーにアレンジされた料理と、テーブルサイドでの斬新なパフォーマンスは一見の価値あり。
(中略)
早くも界隈のOLやサラリーマンに大人気だという同店の魅力を探るべく、実際にお店に行ってみました。ビルの2階に入っている「MUCHO-MODERN MEXICANO」に一歩足を踏み入れると、・・・・

続きは「人気急上昇のメキシカン「MUCHO」の魅力を探る」(R25)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月 5日 (火)

スペイン情報:もうすぐセビージャは祭りのシーズン

Paso3
セビージャの春といったら祭りのシーズンですよね。

セビージャでは、春が近づいてくると、みんなウキウキ。
それは、もちろん天気が安定して(冬は雨が多い)、アンダルシア特有の太陽いっぱいの青空が
みんな好きだからということもありますが、お祭りが多くなってくるからという理由もあります。
3月のカーニバルはカディスが有名ですが、その後のSEMANA SANTA(セマナ・サンタ)と呼ばれる
いわゆるイースターは・・・

続きは、「 セビージャの春はお祭りでいっぱい(セマナ・サンタ編)」(地球リレーブログ)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月 4日 (月)

メキシコ情報:メキシコで春の風物詩と言えば?

Pub

日本の春のシンボルはサクラですが、メキシコだと、「ハカランダ」と「小学生のミスコン」?

春!春爛漫!
といっても、最低気温13℃、最高気温は35℃。。。。まあ、午後の日差しは肌をじりじりと焼くわけで。
そうなるともう、夕方からの「cerveza time ビールタイム!」が待ち遠しくなる訳で。

そんなメキシコの春のとある一日をご紹介しましょう。・・・

続きは、「 メキシコ 春の一日」(BONITA MESSAGE)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

2011年4月 2日 (土)

スペイン情報:スペインにもエイプリルフールあるの?

110401_095222
さて、みなさんはこの質問に答えられますか。今日はスペインのエイプリルフールの解説記事をご紹介します。

本日はエイプリル・フール。罪のない嘘をついたりして楽しむ日です。いろいろ大変な今日この頃ですが、日々に明るさも必要なのではないかと思い、スペインのエイプリル・フールをご紹介いたします。スペインでも4月1日は・・・

続きは、「スペインのエイプリル・フール」(インタースペイン)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo)

|

2011年4月 1日 (金)

キューバ情報:キューバの反体制運動の特徴って?

キューバ国内の反体制運動って、日本人には馴染みが薄いのではないでしょうか。いったいどんな活動が行われているのでしょうか。そんな疑問に答えてくれる解説記事をご紹介しましょう。

キューバ国内の反体制運動は、一般的に非暴力を基本とし、民主体制への平和的移行を訴える。これが現下のリビアの反体制派と大きく異なる。また政府も武力制圧は行わない。これが現下の民主化運動に対する長期政権下のアラブ諸国と違う点だ。活動家の逮捕収監は、・・・

続きは、「「黒い春」事件の服役囚釈放完了-キューバ」(OKI LatinReport)

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »