« ボリビア情報:日系人社会を訪問して考えたこと | トップページ | 管理人からのお知らせ »

2011年8月25日 (木)

アルゼンチン情報:自己主張の方法

Aikawa3300x225

アルゼンチンで、日本語教師、スペイン語通訳、テレビ撮影コーディネーターなど様々な分野で大活躍している日本人女性の体験談をご紹介します。日本人とアルゼンチンのコミュニケーションの方法の違いなど、日本で暮らしているだけではなかなか気づかない指摘がたくさんありますよ。

・・・アルゼンチンの大学院に入ると、クラスメイトが「トモコ、あれをもってきて」とか、「トモコ、これやってきて」とか、毎日のように使いっ走りにされていました。私は、なぜ使い走りにされるのか、とても悲しく思う日もありました。
 ある日勇気を出して、私も、「私の代わりにとってきてちょうだい」とお願いしてみました。すると友人は「いいよ!」と軽い返事で引き受けてくれました。
 実は、これまで自分が「使いっ走りにされている」と感じた事柄は、。…・・・


続きは、【コラム】「地球の反対側」アルゼンチンより」(開国ジャパン)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

« ボリビア情報:日系人社会を訪問して考えたこと | トップページ | 管理人からのお知らせ »

文化情報」カテゴリの記事