« スペイン情報:19世紀末のカフェの雰囲気を味わえるCafe Gijon | トップページ | グアテマラ情報:内戦時の農民虐殺の悲惨さとその断罪 »

2011年8月 8日 (月)

スペイン情報:ガウディと生きる外尾悦郎氏の思い

Kisshjugemcc
「サグラダファミリア(聖家族教会)」で働く唯一の日本人、外尾悦郎氏のことはご存じですよね、。しかし、彼が何を思い働いているかまでは知らないのでは。今日は、外尾悦郎氏の講演内容のダイジェストをご紹介します。きっと彼の考えの深さに驚かされますよ。


・・・・・外尾氏はそこでガウディの言葉に添って石を刻み続けている。
しかし実はガウディの残した図面は大半が焼失しており、建築は既にガウディの資料では追いつかないところまで進んでいるのだという。
では、デザインされていない部分をどうするのか。
外尾氏も幾度も資料を読み、石を刻み、ガウディに心を向けたのだという。
しかし、それではよい形が生まれないと気付き、氏はどうしたか。・・・


続きは、「外尾悦郎氏を知っているか?」(ケンチク者)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

« スペイン情報:19世紀末のカフェの雰囲気を味わえるCafe Gijon | トップページ | グアテマラ情報:内戦時の農民虐殺の悲惨さとその断罪 »

文化情報」カテゴリの記事