« アルゼンチン情報:今回の鉄道事故の背景にはこんな習慣の存在が | トップページ | お知らせ »

2011年9月16日 (金)

スペイン情報:スペイン王室の歴史を感じる王宮

Sp_0902_02

マドリードを訪れる人の多くが訪れる王宮。ガイドさんの解説付きで見た人は案外少ないのでは。そんな人は、次の記事を読むと、王宮の歴史が理解しやすいですよ。

イギリス、スペイン、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、ベルギー、オランダ、
モナコ、ルクセンブルク、リヒテンシュタイン。以上は、いわゆる世襲制王室のある
ヨーロッパの国々です(※ルクセンブルグとモナコは大公、リヒテンシュタインは公)。
現在のスペイン国王はフアン・カルロス一世。その気さくな人柄から国民に人気があります。
ソフィア王妃は元ギリシャ国王の王女です(※ギリシャ王政は1974年に廃止)。
というわけで、今日は首都マドリーにある王宮をご紹介したいと思います。・・・


続きは、「スペイン王室の歴史を感じる王宮」(阪急交通社)をご覧ください。

瓜谷(http://twitter.com/urinozo

|

« アルゼンチン情報:今回の鉄道事故の背景にはこんな習慣の存在が | トップページ | お知らせ »

文化情報」カテゴリの記事